寝ている間もお金を稼げるようになる

LINEで送る
Pocket

株式投資の大きなメリットの1つとして、寝ている間もお金が稼げるという特徴があります。


普通、お金を稼ぎたければ一生懸命働いて労働収入を受け取らなければいけません。しかし一部のお金持ちの人たちは「不労所得」を利用して寝ながらお金を稼ぐ仕組みを作っているのです。

寝ている間もお金を稼ぐのは一般人でも実現することが可能です。

配当金を出す株を購入するのは「寝ている間もお金を稼ぐために重要である」と考えてください。

寝ながらお金が稼げる配当金狙いの投資は立派な投資手法になるのです。

他にも国債投資や外貨投資などを行なっても利息が生まれるので、寝ているだけでお金を稼ぐことが可能です。ここで覚えておきたいのが、「投資を始めれば自分が働かなくてもお金を稼げる環境を築ける」という点です。

日雇いで働いている多くの人は寝ている間にお金を稼ぐことはできません。

私も日雇いのアルバイトをした経験がありますが、「1日働かないとお金が稼げない」のが常になるのです。資産を持っていないと働いてお金を稼ぐ必要がありますが、資産を持っている人は寝ながらお金を稼ぐ仕組みを作っているのです。

資産を手に入れるのは寝ている間もお金が稼げる仕組みを作り出すのと同じです。

楽にお金が稼げるから、お金持ちの人々は皆資産を欲しがるのです。

残念なことに金銭感覚に乏しい人は「資産の有効価値」を知りません。資産を手に入れるメリットをよく理解していないので無駄なことにお金を使ってしまったり、多額の現金を普通預金に預けたりするのです。

お金を稼ぐことに興味がないという人は別ですが、できるだけ効率良く儲けたいと思っている方は株を買って寝ている間もお金を稼げるようにしてください。

また、気をつけなくてはいけないポイントとして「安定配当を出す株を買う」のが重要になります。

寝ている間にお金を稼ぐ仕組みを築きたければ「不労所得を途絶えない状態にすること」を意識しなければいけません。

業績連動型の配当方針を貫いている会社は赤字になってしまうと配当金もゼロになるため、お勧めできません。例え赤字になっても配当金を支払ってくれる会社に投資をするのが寝ている間にお金を稼ぐコツになります。

分散投資も行なえばより安定的にお金を稼ぐことが可能になります。

いくら安定配当を支払っていても1社に収入源を依存するのはリスクが高すぎるので、できるだけ多くの会社の株を買って分散投資を行なうことを心がけてください。今は1株単位で株を買うことができるため、1万円あれば安定配当を支払う株を10社買うのは容易です。

寝ている間にお金を稼いでいる人は魔法を使っているわけでも錬金術に手を出しているわけでもなく、「資産を保有する」という条件を満たしているから働かなくてもお金を稼げるのです。

毎月少しずつ株を購入していけば不労所得も増え、どんどん生活も楽になっていくので継続が重要になります。


スポンサードリンク