子供の頃から株式投資をしているアメリカ

LINEで送る
Pocket

アメリカは株式投資の文化が浸透しており、多くの子供たちは幼い頃からお金に関する教育を受けています。


学校で株の教育を受けたり、親が子供に株式投資の知識を授けたりしているため、アメリカの人々の大半は株式投資に対して寛容です。また、株に対する理解度も高いので自分で個別銘柄を分析する能力に長けている人が多いのです。

これは教育文化の違いが大きいでしょう。日本では投資教育に力を入れていません。就職するための情報や、一般教育に力を注いでいるのは日本の良いところですが、投資教育が整備されていないのは懸念すべき材料になります。

アメリカ人は子供の頃から株式投資をしていることも珍しくありません。ウォーレン・バフェットも11歳で初めて株を購入しました。幼い頃から株と触れ合うことによって投資家としての能力を高めることができるのです。

また、お金の流れも理解できるようになるので経済の勉強にうってつけになります。

子供にお金の正しい知識を授けたいと考えている方はアメリカの投資教育を見習うのがお勧めです。アメリカは株式投資を悪と認定しておりません。そもそも株式投資が悪いというイメージを抱いている国は少ないのです。

一般の方が株式市場に参加することによって、その国の経済を活性化させることができるので、株式投資に対するネガティブな情報ばかり出回っているのは良いことではありません。

もちろん、アメリカ人の中にも株に興味が無い人はいらっしゃいます。しかし、面白いことに富裕層の大半は株を保有しているのです。富裕層ほどお金に関する知識が優れているので、株を保有するメリットも理解していることが多いのです。

日本では誰も株式投資のやり方について教えてくれません。教えてくれないどころか、株式投資を始めようとする人を批判する風潮があるのです。堅実にこつこつと生きることを美徳している人が多い日本では、「株式投資は楽してお金を儲けようとしている」というイメージが定着しています。

そもそも楽してお金を儲けるのが悪いという価値観が誤りです。資本主義社会は格差ある社会であり、資本を多く保有している人は日々の労働に頭を悩ます必要は無いのです。自分も成り上がりたければ、投資知識を身につけて富裕層の仲間入りをしなければいけません。

また、アメリカ人の中には「株を保有することに誇りを感じる」と考えている人もいらっしゃいます。

株を保有することによって資産家としての第1歩を踏み出すことができます。例え1株だとしても、自分の保有している株は大切な資産であり、資産を通じて不労所得を受け取ることができるのです。

アメリカでは投資の重要性についてしっかりと教育しているため、資産を増やすことの大切さを理解している子供が多いのです。これはお金持ちになるための長期計画を練るのにとても重要となる基礎知識です。

しっかりとした教育を受けている者が資本主義社会で勝ち残ることが多いのが現実となります。弱肉強食と呼ばれる世の中で生き残りたければ、投資に関する知識を身につけるのは必須になります。

 


スポンサードリンク