投資教育を行っていない日本の悲惨な現状

LINEで送る
Pocket

日本は投資教育に力を入れていません。

アメリカや欧米諸国と比較して、日本の投資教育は非常にレベルの低い範囲にとどまっていると考えられます。アメリカでは小学生の頃から株式投資に関する教育に力を入れていますが、日本では株式投資の「か」の字も出てきません。

株式投資は一部の人間だけにしか許されていないのでしょうか? 

基本的な教育システムが整っていない状態で、株式投資に興味を抱く人は非常に少ないのです。なぜなら、株式投資に対する基礎知識が無い状態だからです。

日本人が株式投資に対して大きな関心を抱かないのは、教育システムが原因です。なぜ投資という大切な事柄について力を注いでいないのか、疑問を抱かなければいけません。株式投資に対する知識を子供たちに授けるのは、無駄なことでしょうか?

断言します。絶対に無駄ではありません。


社会に出た後も役立つ知識を授けるのが教育の本質です。使わない知識を教えて何の意味があるのでしょうか。一般教養として、株式投資の知識は蔑ろにされているのです。

日本の現状を加味すると、株式投資は一般教養ではないのです。

しかし、その価値観自体が誤りであることに気づかなければいけません。高度に洗礼された資本主義社会で、株が軽視される理由はどこにもありません。私たちは資本主義社会で生きています。資本主義社会で生き抜くためには、お金を稼ぐ力を養わなければいけないのです。

株式投資の教育に力を入れるのは、子供たちに「稼ぐ力」を与えるのと同義です。株式投資で稼げるという事実を知らない人が多いのは、日本にとって大きなデメリットになります。

外国人投資家が日本市場に参入し、数多くの企業が買収の危機に晒されています。経済を活性化させる上でも個人投資家の力は必要不可欠です。しかし、日本の教育が株式投資というジャンルを蔑ろにしているので、「株式投資をするのが当たり前」という文化は一向に根付かないままです。

これは日本にとって大きな損失です。

日本だけではありません。個人にとってもデメリットしかないのです。

株式投資の知識を身につけるのはとても良いことです。知識を身につけたから、必ず株式投資をしなければいけないという理屈は通りません。やりたくなければ株式投資をしなくても良いのです。

しかし、投資教育をしないのは「株式投資を始める」という道を閉ざしているのと同義です。

子供がお金のことについて学ぶのは当たり前です。お金を稼がなければ人は生きていくことはできません。「生活保護という制度があるじゃないか」という意見もあるかと思われますが、全員が生活保護を受けられると思ったら大間違いです。

投資教育を行うのはお金に対する意識を高めるために非常に重要になります。

「子供はお金のことを気にしない方が良い」

そうおっしゃる方もいらっしゃいますが、逆に考えてみてください。

お金のことを気にしない子供が、大人になったらお金に関する正しい知識を身につけようとするのが一般的でしょうか?



大人にとってお金は大切です。しかし、子供はお金のことについて知らなくて良いという意見は明らかに矛盾しているのです。

大人として生き抜く上でお金が必須となるのであれば、子供の頃からお金に関する教育に力を入れるべきです。お金無しでは生きられない社会で、なぜ子供だけが「お金の教育を受けなくても良い」と断言できるのでしょうか。

投資教育を行なっていない=投資の基礎知識が身につかない

これは紛れも無い事実です。投資の基礎知識がない人間が株式投資に手を出して、どうやって利益を上げることができるのでしょうか。

株式投資が危険だというイメージを植えつける前に、どういうお金の使い方をしたら危険なのかしっかりと教育しなければいけません。資本競争は日本の市場だけに限られた話ではないのです。国際社会で勝ち残っていくには、投資教育の充実化が必須になるのです。

教育に力を入れていない国は、先進国から取り残されてしまいます。

日本は投資教育という分野で、大幅に遅れているのです。


スポンサードリンク