受験勉強とか1回もしたことないよ

LINEで送る
Pocket

私は日本の受験制度が本当に社会の役に立っているのか疑問を抱いています。


出典 arrowheadtutors.com

 

自慢ではありませんが、私は1度も受験勉強をしたことがありません。

これは別に「勉強ができたから受験勉強をしなかった」という意味ではなく、勉強するのが嫌で嫌で仕方ないので「受験勉強をしない」という道を選んだのです。

 

要するにただの逃げです。

 

糞つまらない勉強はしたくない、でも進学はしたいという理由で私は以下の道を歩みました。

 

 

高校→高校受験の勉強時間はゼロ。特色化選抜という制度を利用して面接だけで高校に進学

 

大学→大学入試の受験勉強時間はゼロ。指定校推薦という制度を利用して面接だけで大学に進学。

 

ご覧の通り、私は日本社会で生きていたのにも関わらず、「1度も受験勉強をしたことがない超ハイパーゆとり」です。

今の世代の若い人は「ゆとり世代」と呼ばれてバカにされていますが、私は違います。

 

私は「超ゆとり人間」です。

 

こんなことは自慢にも何にもならないのですが、受験勉強は本当に必要なのでしょうか。

受験勉強から逃げ続けてきた人間が言うのも何ですが、なぜくだらない勉強ばかり強制するのでしょうか。

 

私も勉強の大切さは理解しています。

 

私は勉強自体を否定したいのではありません。

自ら学び、自分の興味のある分野に対して研究し続けるのはとても大切な行為ですが、「社会に出て役立たない勉強を強制する必要はないよね?」と思うわけです。

 

例えば歴史。

 

歴史を学ぶのは本当に大切です。歴史から学べることは多々あり、人間が犯してきた過ちを繰り返さないように歴史を学ぶのは本当に重要です。

 

ただ、「歴史の内容を理解する」のではなく、「年号だけ覚えたり重点箇所を暗記だけしたりするのって、本当に意味がないよね」と思うわけです。

 

歴史を学ぶ本質的な意味は「人類の歩みを理解し、同じ失敗を繰り返さないこと」です。

 

歴史は自分の生き方を決める上でとても役に立つ学問であることは間違いないのですが、「ただの暗記教科」として利用されているのが全く理解できません。

 

ペーパーテストそのものの問題もあるでしょう。

 

基本的にペーパーテストというものは「知識の量」を調べるだけです。

で、問題内容も大半がくだらなく、「日本が東南アジア侵略を正当化するためにスローガンとした言葉を書け」という問題が普通に出てきます。

 

そうじゃないでしょう?

 

事件や戦争の名前だけ覚えたって意味がないんですよ。

歴史を学ぶ上で重要となるのは「なぜそれが起こったか」という事実であり、事件が発生した理由を分析して原因を解明し、実生活に活かすのが本当の勉強だと思っています。

 

「日本国憲法が公布された年月日と施行された年月日をそれぞれ答よ」とか、こんな問題はどうでも良いんですよ。

 

ググれば出てくるじゃないですか、日本国憲法が公布された年月なんか。

 

そんなことを学ぶのではなく、「なぜ日本国憲法が公布されたのか? 日本国憲法を施行することになったのはなぜか?」という形で問題を出した方がよっぽど有意義です。

 

事実には必ず理由が存在し、理由を理解して正しい行為か否かを個人で判断するのが歴史という学問です。

 

日本の暗記重視の教育スタイルは、はっきり言って何の役にも立たないですよ。

 

それが違うというのならあなたに質問したい。

 

あなたは日本国憲法が公布された年月を覚えていますか?

覚えているとしたら、それがいつ役に立ちましたか?

 

事実だけを暗記し、「その行為に至った過程」を学ばない勉強なんて本当に意味がないんですよ。

 

古文もそう。

 

古文なんて現代人が学ぶ必要がありますか? 古文は教養と言われていますが、そんな教養が実社会に出ていつ役に立ちましたか?

 

古文を勉強するのは一部の人だけではダメなのでしょうか?

なぜ社会に出てもほとんどの人が役に立たないと実感できる古文の勉強を強制させるのでしょうか?

 

くだらないことを教え、くだらないテスト問題を作りまくっている「教師」という存在が本当に「先生」と呼ばれるのに相応しい人間でしょうか。

 

日本人は論理的に考える能力が低いと言われています。

 

論理的思考能力が弱いのは「暗記重視の教育システム」を続けてきた結果ではないでしょうか。

今はググれば何でも情報が出てくる時代であり、個人が使用しない専門用語について暗記していたって大して役に立たないですよ。

 

分からないことがあったら自分でググれば良いんですから。

 

株式投資で必要なのは「理論的に考える力」です。

 

暗記重視の勉強は全く役に立ちません。株式投資について学ぶ際も、「自分で理論を組み立て、その理論が正しいのか考える癖」をつけることをお勧めいたします。

 

事実を解明し、自分で考える本物の「勉強」を続けたら株式投資の勝率も高めることが可能です。


スポンサードリンク