思考重視の教育が株式投資に役立つ

LINEで送る
Pocket

株式投資で儲けたければ、自分に対して「思考重視の教育」を行なうのが重要になります。


現在の日本の教育システムは「暗記重視の教育」が常になっています。

あなたも義務教育を受けた経験があると思いますが、日本の義務教育は「答えが出ているテスト」が多いです。完全なる答えが用意されているので、テストを良い点を取りたければ答えを暗記する必要があるのです。

現在の教育システムは非常に残念だと感じています。

人生でも株式投資でも同じことが言えるのですが、「完全なる答えが用意されているわけではない」のです。

株式投資というジャンルは「自分で戦略を組み立て、儲ける手段を築く」ことが重要になります。

株式投資は、「どの株を買うのが正解でしょうか?」という問題が出されるジャンルではないのです。儲かる株と儲からない株の答えが明確になっているのであれば、苦労はありません。

完全なる答えなど存在していないのです。

つまり、株式投資で儲けたければ「自分で答えを導き出す」のが重要になります。株式投資の勝率を高めるために意識して欲しいのは、「自分で考え、適切な戦略を練ること」です。

暗記重視の教育に力を入れても日本の株式投資レベルは向上しないでしょう。

ビジネスでも同じことが言えます。ビジネスでは自分で戦略を立案し、成功するための最短距離を歩むことが重要になるので暗記教育はほとんど役立ちません。「こうすればビジネスで成功しますよ」という絶対的な答えは存在しないからです。

1+1は2です。

学校教育は上記のように「答えが確定されている問題」しか出さないので思考力が鍛えられないのです。現代社会で通用するのは思考力です。

自分で考え、成功へと導く力を養うのが重要になります。

「暗記をするのが悪い」と主張したいわけではありません。基礎教育レベルを高めたければ暗記に力を入れるのは重要になります。しかし、「暗記一辺倒の教育」は社会に出て全く役に立たないことを理解するべきです。

例えば日本の教育では「事実」が重視されます。

信長は明智光秀の裏切りにあって自害しましたが、日本だと「明智光秀が本能寺の変を起こした年はいつか?」という問題が多く出ます。

年号を覚えて何になるのでしょうか?

思考重視の教育とは、「1582年に明智光秀が本能寺の変を起こしました。本能寺の変を事前に防ぐ方法はあったのでしょうか?」と、子供に考えることを推奨する教育のことを指します。

本能寺の変を防ぐための方法はたくさんあります。本能寺周辺の防衛力を高めたり、信長が明智光秀に辛くあたるのを止めたり、様々な答えを評価するのが思考重視の教育になります。

株式投資も人生もビジネスも1つの答えが用意されているわけではないのです。

特に株式投資は「スイングトレードやデイトレード、長期投資」など儲ける戦略がたくさん存在している状態です。どの戦略を選ぶのが正しいという答えは決まっていないのです。

「この問題の答えはこうだ!」と決めつければ勝てるわけではありません。

思考力を鍛えないと現代社会で生き残るのは難しいです。「大企業に就職すれば安全」と、1つの答えを定めた人々がリストラにあっている現実を注視しなければいけません。

「考える力を養い、思考を強化する」のが現代社会で求められている能力です。

「どの株を買えば儲かりますか?」と質問する人は1つの答えを求めているのです。これは日本教育における弊害だと思っていますが、株式投資に絶対的な答えを求めるのは止めた方が良いです。明確な答えが存在する方が珍しいのですから。

思考力は大人が鍛えようとしても遅くありません。

要するに「自分で考える習慣」を身につければ良いのです。会社の経営方針を分析したり、経営戦略を解明する努力を続けたりすれば思考力は鍛えられます。

情報を参考にするのは良いことですが、情報に1つの答えを求めるのは禁物です。

成功する方法は様々で人によって成功パターンが違うのですから、「自分に合った成功法則を見つけるために思考力を鍛える」ことを意識してください。

思考力に長けている投資家ほど株式投資で儲けられます。まずはこの事実を受け入れ、自己強化に努めることをお勧めいたします。


スポンサードリンク