お金があっても孤独であれば辛いよねっていう話

LINEで送る
Pocket

私は仕事上お金の話を多くしますが、そもそも私自身は金! 金! とこだわる人間じゃないんですよ。

 

私はお金は重要だと思っていますが、お金を儲けたからといって贅沢な生活を送るわけではありませんし、日々の生活は非常に質素です。何というか、贅沢したいという欲が湧かないのですよねぇ……。

 

エセお金持ちの一部の方は「俺はこんなに金を持っているんだぜ!」という形で自慢することが多いのですが、ぶっちゃけた話マジでダサいよ(笑)


出典 www.bellybillboard.com

本当のお金持ちは自分がお金を持っていることを自慢しません。といいますか、上には上が存在するのでお金を保有していることを自慢しても他の人から見たら大したことがないというケースが多々あるため、自慢にもならないのが実情になります。

 

私はお金よりも大切なものがあると思っています。

 

それは人間的魅力です。

 

よく聞くのが定年退職して誰からも相手にされなくなるケース。

 

1つの企業に勤めて懸命に努力を続け、退職金をがっぽりと貰って安泰な老後を過ごす人は沢山いらっしゃいます。しかし、会社を退職した途端誰からも相手にされなくなるというのは珍しいケースではなく、いくらお金を持っていてもそういうのは不幸だなぁと思うわけです。

 

私は「自分から話しかけるのではなく、人様から話しかけられる人間になるのが1番良い!」と考えている人間です。

 

自分から積極的にコミュニケーションを取るのも良いのですが、理想を言えば色んな人が自分に対して積極的にコンタクトを取ってくれる状況を築くのが1番良いと思うのです。

 

私と接触を試みようとする人は「岡本隆寛という人間に興味を示している」という証明であり、コミュニケーションが取りたいから関わろうとするわけです。これが何の興味も湧かない人間だったら絶対に誰からも相手にされません。

 

いくらお金を持っていても誰からも相手にされない人間は存在します。

 

まあ、ぶっちゃけた話、誰からも相手にされないのは「相手にする価値がない」という意味に繋がるのですが、人間的魅力が乏しく、話しても全く面白くない人と友達になりたいとは思いませんよね。

 

誰からも相手にされない人生。

 

それこそが本物の不幸ではないのかと。

 

「俺はお金を持っているぞ!」とアピールして他人の気を引く方法も存在しますが、こんなのは愚策に近いんですよ。そんなことを続けても金目当ての人間が寄ってくるだけですし、孤独の寂しさをお金で紛らわす残念な人生を送る元になってしまいます。

 

逆に言えばお金を持っていなくても人間的魅力に長けており、多くの人が興味を示して「会話をしたい! 友達になりたい! 一緒に仕事がしたい!」と思って貰えるような人間になるのが幸せなのではないかと感じるわけです。

 

人間的魅力に乏しい人は自分の財産を自慢して、「俺はこんなに凄いんだから仲良くすると良いことあるかもよ?」ということをアピールしますが、だから魅力がないんだよ(笑)

 

人間的魅力というのも1つの能力だと思います。

 

私自身は人間として魅力があると感じない人とは一切関わりません。

 

関わっても面白くないからです。別にギャグを言えとか、ダジャレを言えとか、そういうことを主張したいのではありません。人間的魅力が長けている人は色んな話をしても面白いので、そういう人は多くの人から愛されるのだろうなぁと実感しております。独身であるとか、既婚であるとかは関係ありません。

 

例えばウォーレン・バフェットはとてもお金を持っていますが、バフェットは人間としての魅力がとても高いです。誰もがバフェットの意見を聞きたいと望み、バフェットとコンタクトを取りたいと望んでいます。


出典 china8.blog82.fc2.com

 

昔、バフェットと食事できる権利が2億4000万円で落札されましたが、これって滅茶苦茶凄いことなんですよ。

 

要するに市場は「バフェットと一緒に食事ができるのであれば2億4000万円払っても良い!」と判断したわけです。バフェットと食事する権利は2億4000万円です。逆に言えばバフェットには2億4000万円の人間的魅力が存在するという証明にもなります。

ソース ウォーレン・バフェットとの食事が2億4000万円

 

本当の勝ち組ってこういう人のことを言うのだと思うんですよね……。

 

お金もたんまり持っており、多くの人から注目を浴び、誰もが「この人と話してみたい!」と思うのが人間的魅力だと思うのです。

 

あなたは自分の嫌いな人と食事したいと思いますか?

 

私は思いませんねー。奢りという条件があってもお断りです。嫌いな人と食事するくらいだったら友達と一緒にご飯を食べに行ったり、付き合っている人とレストランに行ったり、家族と一緒に食事を食べたりした方が良いと思います。そもそも嫌いな人と仲良くする必要なんか全くないので。

 

バフェットはさすがにやりすぎですが、「多くの人が一緒に食事をしたいと望むくらい、魅力に長けた人間に成長する」というのが幸せを実現するための方法の1つだと感じます。

ぶっちゃけた話、いくらお金があっても人間的に魅力があるとは限らないので、お金を持って孤独な人生を送りたくなければ自分の魅力を意識するのがお勧めです。


スポンサードリンク