株式投資で明るい未来を実現する

LINEで送る
Pocket

悲観論を信じてしまうと、自分の未来が明るいという考えを抱くことすら難しくなってしまいます。

悲観論とは何でしょうか? それは自分の将来に対する悲観的思考です。このまま働いてもスキルが身につかず、給料も上がらない。給料は貰い続けることはできるけど、未来がない。悲観的思考がまとわりついて幸せになれない。

これが悲観論です。


悲観論の悪いところは、まだ起きていない現実を想定して自分自身を苦しめることです。どのような状態であっても、悲観論は自分を苦しめる以外の何の役にも立ちません。それならば、明るい未来を実現するために行動した方が建設的ではないでしょうか?

株式投資は非常に建設的な行為です。と言うのも、自分自身に対する悲観的な未来を予測して株式投資を続ける方は少ないからです。

将来、自分が幸せになれないと考えているのに株式投資をする人がいらっしゃるでしょうか?株式投資をしている方は、幸せを掴みたい方が多いのです。今の幸せを守るために投資を始めたという人も多くいらっしゃいます。どちらにしても、建設的な思考に基づいて行動しています。

また、株式投資を通じて明るい未来を実現するための長期プランを練り、将来的に幸せになるための行動を起こしている方もいらっしゃいます。

自分年金がそれに該当するでしょう。自分年金とは政府の年金制度に頼るのではなく、将来の自分を助けるための年金資産を築くことです。若いうちから株資産を築くことにより、自分年金を実現させることが可能です。

株という資産を増やし続ければ、年老いて働けなくなったときに不労所得で生活することができるのです。

明るい未来を実現するためには、未来を見据えた行動を起こさなければいけません。自分年金はとても分かりやすい例になります。若いうちから資産を増やし続けるのは、自分の身を守るだけではなく、幸せを継続するためにとても重要になるのです。

未来を見据えて資産を増やし続けるのは、今幸せになるために重要なことです。明るいビジョンが見えていない状態だと、現在どれだけ楽しくても本当の幸せを得ることはできません。それは心の底から笑えないからです。自分の人生の結末が悲観的であることを想像する必要はありません。

悲観論を捨てて、着実に資産を築くことを意識すれば明るい未来を実現することは可能です。経済的な不安から開放されたとき、真の自由を手に入れることができると信じている方も少なくないのです。

お金に不安のない生活。この生活が理想だと考えている方は、悲観的思考から脱して建設的な行動を取る必要があるのです。それは株式投資でも良いのですが、株式投資でなくても構いません。

自分にとって有意義だと思える行動を起こしていきましょう。


スポンサードリンク