株式投資は幸せを掴むための行動

LINEで送る
Pocket

幸せとは何でしょうか?

ほとんどの人々は幸せを求めて生きています。自分の幸せを求めないで生きるというのはとても辛い選択であり、幸せを掴めるという希望があるから強く生き続けることができるのです。

幸せには希望が不可欠です。現代社会は高度な技術が発達し、物質的に豊かになりました。それこそ、株式投資をしなくても生活できるくらいの物質的な余裕はあります。日雇いのアルバイトでも生活するだけの資金は稼ぐことができます。

しかし、それが本当の幸せでしょうか?

未来に希望があるから幸せになれる。幸せを定義するとしたら、この一言に尽きるでしょう。自分の子供を愛おしく思うのは親の感情です。愛情は感情であり、全ての物事に感情は関わってきます。


絶望的な未来を背負って生きるのは、生き地獄です。人は希望を求めて生きる傾向がありますが、希望を実現するためには自ら行動を起こさなければいけません。

なぜ株式投資が幸せを掴むための行動に該当するのでしょうか。

労働者の立場で考えてみてください。正社員の立場で就職したとしても、業績を伸ばし続けている企業ではなければ未来の希望を夢見るのは難しくなってしまいます。

それこそ、衰退し続けている業界で未来に対する希望を抱くのは至難の業です。たくさん働いているのに一向に給料が上がらない。そのようなケースは山ほどあります。

高度成長期の日本は希望がありました。それは、自分や国が豊かになっていくという希望です。自分の子供は幸せな人生を過ごすことができる、このまま働き続ければ給料も上がり、自分の好きなことを実現できるようになる。

未来に託された夢。それこそが希望ではないでしょうか?

希望は失われつつあります。少なくとも、一部の人たちは希望という概念を捨てています。それは明るい未来を予測するのが難しいからでしょう。

今の生活を守るために生きている方がたくさんいらっしゃいます。それで自分が満足できるのであれば問題はないのですが、心の奥深くで希望を求めているのであれば、希望を得るための行動を起こさなければいけないのです。

お金に不自由の無い生活を実現したい。子供に立派な教育を受けさせてあげたい。恋人を楽しませてあげたい。全てお金が必要になります。

今は無理だとしてもこれから収入が増えていき、少しずつ自分の願望が実現できるようになったらどんなに素晴らしいことでしょうか。収入を増やすのが難しいと言われている世の中で、株式投資は着実に収入を増やしていくことのできる手段になるのです。

株式投資そのものが個人に与えられた希望の象徴です。アルバイトを続けても時給が100円以上上がることは滅多にありません。しかし、株資産を増やし続けていけば収入もどんどん増加していきます。収入が増加すれば、理想の生活を手に入れることが可能です。

お金に悩まされない人生を歩みたいのであれば、投資という行動を蔑ろにするべきではありません。幸せを掴みたければ、自分の希望を実現するための未来を予測しなければいけないのです。

収入を増やして明るい未来を手に入れることができるのであれば、収入を増やすための計画を練るべきです。自分のお金は自力で増やしていくしかありません。

今は貧しくても、これから先もっと豊かになっていく。そのようなイメージを思い描くために、株という存在は心強いパートナーになってくれます。働き続ければ給料が増加する会社に勤めていれば別ですが、先行きが見えない場所で働いている人は別の希望を見出さなければいけないのです。

収入を増やす手段は労働に限りません。

収入を増やすという目的に特化するのであれば、株式投資はあなたに希望を与える存在になってくれるでしょう。

株式投資は毒にもなりますが、辛い現実を打ち砕く強いパワーを秘めているのも事実です。株式投資に希望を見出して現実を変えるか、現状を守るか、最終的な判断を下すのはあなた次第です。


スポンサードリンク