株式投資と不眠症

LINEで送る
Pocket

株式投資で含み損を抱えてしまった結果、寝つきが悪くなって不眠症になってしまう人もいらっしゃいます。

株式投資で勝ち続けるためには心身共に健康でなければいけません。不眠症は株式投資のパフォーマンスを下げる天敵のような存在であり、不眠症を改善しなければ自身のストレスを溜め込む結果に繋がってしまいます。

では、株式投資が原因で起こる不眠症はどうすれば治すことができるのでしょうか?

この答えは簡単です。含み損を気にしなければ良いのです。しかし、気にするなと言っても含み損が発生している株を保有し続けるのは我慢できないという人もいらっしゃるかもしれません。

もし、どうしても我慢できない場合、いっそのこと含み損を抱えている株を全て売却するのも一考の価値があるのです。株式投資より健康の方が大切です。株式投資のせいで自身の健康や心に悪影響を及ぼすのであれば、その原因になっている株を売却してリフレッシュした方が良いのです。

しかし、安易な損切りをしたくないと考えている方は、やはり株価を気にしないのが一番になるでしょう。

不眠症と考え方は密接な関係が存在します。夜、多くの人々が眠れない日々を過ごすのはストレスや悩みが原因となっている場合が多いのです。


逆に言えば悩まなければ不眠症は解消されることが多いのです。

株式投資で含み損を抱えたとしても、それは一時的なことであると気楽に考えるのが良いでしょう。いずれ株価は回復すると考えた方が精神的にも楽になるのです。

不眠症は長期投資を妨害する存在です。質の高い睡眠を取るために、株価のことは気にしないで気楽な心構えで株式投資に取り組んだ方が良いでしょう。


スポンサードリンク