最初の一歩

LINEで送る
Pocket

どの分野においても最初の一歩を踏み出すときが、一番勇気と行動力が必要になります。

それは株式投資においても同様であり、リスクを過度に恐れてしまうと最初の一歩を踏み出す勇気も湧いてこないのです。実際に株を購入し、株式投資を始めれば立派な一歩を踏み出せたと言えるでしょう。

1株だけ買っても意味がないという人もいらっしゃいますが、それは違います。初めて購入した株は自分にとって大きな意味を持ちます。例え、1株500円の株だとしても金融資産を保有しているか否かという問題で、大きな違いを生み出すことになるのです。


具体的に解説すると、1株保有するだけお金のなる木を手にしたのと同義なのです。この1株はあなたの資産であり、あなたのためにお金を作ってくれる存在です。それは配当金という名であなたに利益を還元してくれますが、1株だけだと配当金の額もまだまだ少ないことが多いのです。

500円で購入した株の配当利回りが5%だと考えると、年間の配当金所得は25円になります。

たったの25円!?

こう感じる方も多いかもしれません。

しかし、この小さなお金があなたの財産を増やすための種銭になるのです。1株だけだと25円の配当金しか受け取れないとしても、100株集めたらどうでしょうか? 単純計算で100倍の配当金がもらえるので、なんと1年間で2500円も不労所得が受け取れるのです。

100株も買えない!と考える方もいるかもしれません。

しかし、500円の株を100株購入しても投資金額はたったの5万円です。5万円の投資金額を用意するのはそこまで難しいことではありません。もし、5万円を用意するのが厳しい場合、500円から始めても良いのです。

わずか1株の購入でも、株式投資を始めたという事実を覆すことはできません。1株でも株を購入した時点で、大いなる一歩を踏み出したと解釈することができるのです。


スポンサードリンク