塵も積もれば山となる

LINEで送る
Pocket

資産を増やしたければ、塵も積もれば山となるという考え方を身につけるのがお勧めです。1株の価値は大したことがなくても、少しずつ株数を増やしていけばいずれは山となって大きな収入を得ることができるようになります。

例えば、1株500円の株の配当利回りが5%とします。この場合、1株しか持っていないと年間の配当金収入は25円にしかなりません。

たったの25円!? そう思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、100株集めれば配当金だけで2500円貰えます。2500円と言えば、缶コーヒーが12本買える金額です。安売りスーパーで1本80円の缶コーヒーを買えば30本は買えます。


上手い棒に換算すれば250本も買えるのです。

1株500円の株を100株買うのに必要となる資金は5万円です。社会人の方であれば5万円貯めるのはそこまで難しくないでしょう。

ここで意識してほしいのが、最初は塵のような存在でしかない株も数を増やしていけば莫大な収入になるということです。1株で25円の配当金しか受け取れない株も1000株集めれば2万5000円もの大金になります。これだけでフランス料理の高級フルコースに舌鼓を打つことも可能になるのです。

何事も最初の1歩が重要になります。

1株から株を始めたとしても、お金持ちになるための1歩を踏み出したと考えれば1株の価値は高まります。

株式投資は儲からないと言っている方のほとんどは、投資資金が少ないことを理由に儲からないと言っているのです。

確かに投資資金が少ない序盤はあまり儲かりません。

しかし、儲からない状況から抜け出すために継続的な投資を続けていけばどんどん収入は増えていきます。2万5000円の配当金をそのまま株を購入するための資金に充てれば、1株500円の株が年間で50株増える計算になります。

新しく得た50株の株も配当金を生み出してくれるので、新たに1250円の不労所得を増やしてくれます。

こういう風に良い流れを作り出していけば、どんどんお金は増えていきます。塵も積もれば山となるという考え方は、長期投資をする上でとても重要になるのです。

株式投資で細く長く儲けたければ、1株の価値を理解して少しずつ資産を増やしていく意識を保たなければいけません。小さいお金の金銭感覚は主婦の方がとても優れています。

最初は塵の存在のような株資産も、長期投資を続けていけば莫大な財産に変化することが可能になります。小さなお金を利用して株式投資を続けていく考え方を身につければ、どんな状況であってもお金持ちになる道は開けたと言えるのです。


スポンサードリンク