投資家は建設的な批判をするべきだ【東京アウトローズの件】

LINEで送る
Pocket

私は自由主義者であり、他者の思想、考え方を一方的に否定するのはよろしくないと考えています。

 

自由主義者でありながら社会正義を愛している私は人様の思想を否定することは決してありませんし、そもそも日本は思想の自由が日本国憲法で定められているのです。

 

 

今話題になっている東京アウトローズは様々な誹謗中傷が寄せられている状態です。

 

 

東京アウトローズを叩くのは個人の自由であり、私は東京アウトローズを庇うつもりもないのですが、「エナリス騒動とは関係のない内容で人様を否定する」のは決して褒められた行為ではありません。

 

例えばこれ。

 


出典 http://outlaws.air-nifty.com/news/2014/10/post-2362.html#comments

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ;^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

あのね、批判するのは自由だと思うし、批判するのは全然悪いことではないと私は考えています。

 

ただ、上記の文章は批判でも何でもなく、ただの中傷でしょう!

 

 

東京アウトローズを批判するのであれば「今回の騒動と関係のある具体的な批判」をするのが望ましいです。

 

東京アウトローズも本当に大人で、このようなくだらない中傷コメントに対して一切反応していません。

 

 

私は東京アウトローズの「スルー力」に感銘を受けており、大人の対応をしているなぁと評価しています。

 

 

一方的に他者を中傷してスルーされるほど悲しいことはないですよ。

 

 


出典 http://outlaws.air-nifty.com/news/2014/10/post-fc70.html#comments

 

このコメントはね、さっきの誹謗中傷だけのコメントよりマシです。

 

日本の行政事務に対して言及しているのは記事内容と関連性があるので良いのですが、後半の文章でマルクス主義を批判しているのはどうかと思いますねー。

 

 

今回のエナリス騒動と全く関係ないですし、批判するなら直接関係のあることを批判すべきです。

マルクス主義がエナリス批判と関係があるのであればマルクス主義を批判するのも一理ありますが、全く関係ないのでは?

 

 

東京アウトローズの奥村編集長がマルクス主義を信奉しているから上記のような批判にたどり着いたのだと判断していますが、今回の騒動とは全く関係のない方向で人様を叩くのはよくありません。

 

煽りにはいくつかのパターンが存在し、「他者が述べた事柄に対して批判する」のは問題ないです。

 

 

 

ただ、「エナリスの疑惑記事を載せた東京アウトローズの奥村編集長がマルクス主義だった」という理由だけで、マルクス主義そのものを批判するのはもう論点が違うんですよね。

 

 

 

論点がズレている時点で正当な批判はできませんし、酷くなると誹謗中傷に退化します。

 

 

こんなコメントに反応しない東京アウトローズの大人な対応を少し見習った方が良いです。

 

 

 

「私は自由主義者です」と最初に述べましたが、私は他者の思想を認めないのは心が狭いと考えています。

 

そもそも日本国憲法第19条で思想・良心の自由について規定されているのですから、他者の思想を根本的に否定し、中傷する行為が論外ということを学んだ方が良いです。

 

 

自由主義を貫いている私はマルクス主義思想とは異なるのですが、だからと言ってマルクス主義が悪だとは思っていません。

 

 

そもそもエナリス騒動を起こしたことについて批判したいなら、関連性のある内容で批判しろよ! 

 

 

論点が違うことを述べて批判している時点で論外であることを自覚しろよ!

 

大体東京アウトローズは「エナリス」に関しては批判していますが、誹謗・中傷を行った人間の人格や思想を批判していませんよ。

 

 

それはコメント欄やツイッターを見れば分かります。

 

 

「それと我々が「悪意を持って恣意的」にやっているかのように言うのもやめていただければ幸いです」と東京アウトローズが述べているのは確かですが、批判や中傷を行った人間に対し、直接暴言を吐いていない事実に注目するべきです。

 

 

一方的に中傷する人間と、論点を変えて思想を否定する人間と、一方的な中傷に対して暴言を吐き返さない東京アウトローズ。

 

 

 

誰が1番大人だと思いますか?

 

 

 

 

あのね、何度も言うけど、批判するのは全然悪いことではないのです。

 

問題なのは「全く関係のない思想について批判すること」と、「もはや批判ではなく、ただの誹謗中傷」になっているコメントがおかしいと私は言っているのです。

 

誰かを批判したければもっと建設的に批判しましょう。少なくとも論点をずらして全く関係のない批判を繰り返すのは「人格」を疑われてしまうので気をつけた方が良いですよー。


スポンサードリンク