優秀な投資家は人間関係で悩まない

LINEで送る
Pocket

投資家マインドが身についている人は人間関係で悩むことはありません。

 

そもそもなぜ人は人間関係で悩んでしまうのか。


出典 www.thejfblogit.co.uk

私が思うに、人間関係で悩む人は損切りが下手なのだと思っています。

 

人間関係に悩まない秘訣は案外単純で、「自分にバリュー(価値)を与えない人間は片っ端から損切りする」のがお勧めです。

 

バリューを与えない人間と付き合う価値はあるのでしょうか?

 

はっきり断言します。付き合う価値はありません。

 

私は人間関係は全て利害で成り立っていると考えており、特定の人との関係を継続したければバリューを提供すれば良いのです。

 

 

逆もまた然りで、自分に対してバリューを提供してくれる人物は「自分にとって価値が高い」と判断することができるため、関係を維持するのが賢明になります。

 

バリューを提供できない人間に価値はありません。

 

例えば恋愛関係。

 

特定の異性と長く付き合っていると「倦怠期」というものが訪れます。

 

付き合い始めは刺激に満ちた素晴らしい日々を送ることができるのですが、恋人との関係に慣れてしまうと炭酸の抜けたコーラのように刺激が薄まって物足りなくなります。

 

その結果、新たな刺激を求めるために浮気したり他の異性に走ったりする人がいらっしゃるのですが、これは「求めるバリューを提供していない」のが根本的な原因になります。

 

倦怠期という言葉を別の単語で解説すると「冷める」という意味であり、恋愛感情を失った恋人にバリューは存在しないのです。お互いの感情が燃え上がらないと「一方がバリューを受け取っていない」という状態になるため、恋愛関係を維持するのが不可能になります。

 

全ての人間関係はバリューによって成り立っているのです!

 

投資家思想が身についている人は「関係を維持するために相手にバリューを与えること」を心がけているから人間関係で悩むことがないのです。バリューを捧げることができなくなった瞬間、人間関係は崩壊すると思って頂いて問題ありません。

 

例えば浮気。

 

結婚している男性は妻に冷めることが多々あります。

 

結婚すると様々な問題が浮上し、恋だけで成り立っていた楽な関係から「現実的な関係」に移行するため、異性としてのバリューだけでは物足りなくなります。

 

更に人間は年を取れば取るほど容姿が劣化し、「異性」という意味でのバリューを妻に求めるのが難しくなります。その結果、新たな価値を求める人々が浮気という行動に走るのであり、浮気は人間である限り無くなることはないと思っています。

 

人間関係を維持したければバリューを提供しなければいけない!

 

価値を与えない人間は無価値であり、付き合う意味は皆無に等しいです。関わるだけでストレスが溜まり、何も利益を与えない人間は積極的に損切りした方が良いのです。

 

株で例えると分かりやすいです。

 

成長性もなく、配当金も支払っていない株を長期保有する意味があるでしょうか?

 

 

成長力に期待を持つことができれば「売却益」という形のバリューを狙うことができますが、そうではないのなら株としての価値はとても低いです。

 

 

更に言えば配当金を払ってくれないので「保有しているだけで生まれる金銭価値」も皆無です。こういう株は持っているだけで何の利益ももたらしてくれないため、積極的に損切りすべき対象になります。

 

人間関係も同じです。

 

重要なのはバリューを提供しているか否か。

 

価値観は人によって異なりますが、「自分が重視しているバリュー」が生じないと判断した結果、積極的に損切りすれば人間関係で悩むことはなくなります。

 

人間関係の損切りは悪いことではありません。

 

いや、むしろ積極的に損切りした方が良い。

 

バリューを与えない人間との関係に固執するのは無意味であり、損切りを実施して「新たなバリューを提供してくれる人」と付き合えば良いのです。

 

 

損切りするのは悪ではなく、バリューを重視する正当な行為です。

 

 

自分から損切りしなくても相互にバリューを与えない人間との関係はいずれ必ず切れますから、バリューが存在しない人間に意識を向けること自体が無駄で非建設な行動であることを理解しなければいけません。

 

損切りしたらガッツポーズだ!!!!

 

そう、損切りしたらガッツポーズをするんです。

 

喪失した価値を嘆くのではなく、新たな価値を求めて行動を起こすのが「損切り」です。これは自分が前進するために必要となる行為であり、損切りしたらガッツポーズをするだけの価値があると思ってください。

 

株も人間も「自分に価値を与えない時点で保有(付き合う)する意味がない」と判断するのがお勧めです。

 

こういう考え方を抱いていると自分も他の人から損切りされるリスクが高まりますが、それは自分が「相手に対してバリューを与えていなかっただけ」なので、価値が薄い自分が悪いということを意識しなければいけません。

 

人間関係で悩みたくない人は「価値」という概念を最大限に重視すべきです。

 

この思想は株式投資でも大いに役立ち、バリューを生まない株は全て保有する価値がないと思ってください。


スポンサードリンク