腰が低い人はなぜ頭が良いのか

LINEで送る
Pocket

私は腰が低い人が本当に大好きです。

 

正直な話、腰が低い人は非常に頭が良いと思っています。


私はできるだけ腰を低くして人様と付き合いたいと意識しているのですが、理由は単純で「威張り散らしても良いことがない」と確信しているからなんですね。

 

例えばビジネスパートナーとお付き合いするときに自分の意見ばかり述べ、相手の意見を全く聞き入れないで「威張り散らす」というのは絶対にやってはいけない行為になります。

 

基本的に人は誰でもプライドを持っているため、他人から威張られると不愉快になります。

 

ビジネスパートナーは自分にとって大切な存在です。ビジネスパートナーが気持ち良く働くことが自分の利益に繋がるのです。

 

だから私はできるだけ腰を低くして「私なんかよりあなた様の方が上ですよ」ということを行動や言動で伝えたいと意識しています。

 

人を不愉快にさせても良いことはあまりないんですよ。

 

特に共同でビジネスを展開する場合、ビジネスパートナーの感情を汲み取らないで自分勝手な意見ばかり述べるのは良くないと思っています。

 

自分の考えはきっちり伝えた方が良いのですが、自分の意見を主張する際に「あなたは本当にダメですね。どうしようもないので黙っててください」という形で対応するのは自分にとって大きな損失であることを理解しなければいけません。

 

人は感情で動く生き物です。

 

ビジネスは利害関係で成り立っていますが、利害関係を重視するのであれば絶対に「相手を尊重する意識」を抱いた方が良いと思っています。

 

大抵の人は自分が不愉快だと感じる相手のために本気で仕事をしたいとは思いませんし、普段から威張ってばかりの人に「利益を還元したい」と考えることはありません。自分から「この人には利益を与えたい」と思わせるように接しなければダメだと思っています。

 

有名投資家の竹田和平さんも非常に腰が低い人です。


出典 plaza.rakuten.co.jp

 

竹田さんは本当に素晴らしい人格者で、「投資先の会社に文句を言わない」のです。

普通の投資家は株価が暴落したり自分の資産が減ったりすると、会社に電話をかけて文句を言ったりすることが多々あるのですが、私はその行為を良いことだとは思っていません。

 

会社の立場で考えて欲しいのですが、年がら年中文句ばかり言っている株主と、どんな状況でも見守ってくれる株主、どちらの株主に利益を還元したいと思いますか?

 

CIJ(4826)が良い例になります。

 

CIJという会社は長期投資家の株保有比率が非常に高い会社なのですが、CIJが多くの株主から愛されているのは「株主還元」を重視した経営を行なっているからなんですね。

 

定期的に自社株を購入したり、増配を決行したりしているCIJは「株主を大切にする経営」を実施しているから多くの長期投資家を獲得することができるのです。

 

株主の立場から考えれば「CIJは株主重視の経営を行なっているから長期保有する対象としてふさわしい」と判断することができるため、必然的に訳のわからないクレームを送ることがなくなります。

 

ぶっちゃけた話、威張る人ってバカなんですよ。

 

威張っても何もメリットも生じない事実に気づけないからバカなんです。

 

大きな態度を取るのが好きな人は、「人から恨みを買うし、ビジネスパートナーのモチベーションも下がって信頼も失うし、人はどんどん離れていくし全然良いことがないよね」という結果が訪れることを理解していないから威張るんです。

 

威張るのは頭の悪い人が取る行動になります。

 

腰が低い人は頭が良いんです。

 

物凄く腰を低く保つ人と仕事に関して話したことがありますが、内心私は「凄いなぁこの人は。地位も高くて立派な年収も得ているだろうに、こんな年下の訳の分からない人間に対して腰を低くして」と思いました。

 

腰が低い人は意識して低姿勢を保っているのです。

 

「腰を低くした方が相手の反感を買いにくくなり、相手のモチベーションも高く保つことができるからビジネス上有利」ということを理解しているから、自分は腰を低くするのです。

 

これは頭が良いから取れる戦略であり、腰を低くするメリットを知っているから低姿勢を貫くのですね。

 

投資家や経営者の立場になると「威張ることが許される」と勘違いする人も多いのですが、現状が上手くいっても人様に対して威張り散らす人は絶対に上手くいかなくなります。

 

腰が低い人は「低姿勢で人と接するメリット」を理解しているから頭が良いんです。

 

バカは自分が凄いと思われたいから「人に対して大きな態度を取る」のですが、そんなことをしていたら内心多くの人に見下されてしまうので、早く真実に気づけば良いなと思います。

 

腰の低い上場企業の社長は「現在の地位に奢らず、慢心することがない」ので株を買う価値も高いと思ってください。

 

本当に頭が良い人は威張りません。

 

 

威張るメリットは皆無に近いため、頭の良い人ほど威張らないことを理解しなければいけないのです。


スポンサードリンク