一流は仕事を創り、超一流は市場を創る

LINEで送る
Pocket

「一流は仕事を創り、超一流は市場を創る」という言葉が存在します。

あ、ちなみにこの言葉は私がついさっきラーメンを食べながら勝手に作ったものなんですけどね(笑)

まあ聞いてください。

多くの投資家は企業に投資する際に将来性を重視します。

正直なことを言ってしまえば人間や企業の将来性なんて、「いかに人様に貢献できるビジネスか?」の一言で済む問題なんです。貢献しないでお金を受け取るのはビジネスではなく、詐欺ですからね。

投資家は将来性を過度に気にします。しかし、この将来性を見極めるポイントとして「一流は仕事を創り、超一流は市場を創る」という言葉が役立つのです。

なぜだかお分かりでしょうか?

市場を創る。これは簡単にできることではありません。新たな市場に参入するのは誰でもできるくらいとても簡単なことですが、新たな市場を創るのは非常に難易度が高いのです。

なぜならば元々価値がないものに価値を生み出すから。

0を1にするのは難しいのです。1を100にするのは簡単ですが……。

超一流の良い例はユーグレナ(2931)ですね。


出典 matome.naver.jp

ユーグレナの素晴らしいところは「市場を創る」ということを成し遂げたことです。これは出雲社長が素晴らしすぎるからできたのです。

元々ミドリムシには商品価値はありませんでした。

しかし、ユーグレナがミドリムシの大量培養技術開発に成功して、ミドリムシは健康にも美容にも良いという価値を生み出し続けました。その結果ユーグレナは東証一部上場のバイオベンチャー企業になったのですが、これが市場を生み出した超一流の例になります。

はっきり言って市場を創るパイオニアは強いです。先行者利益を受け取り続けることができますし、市場規模が高まれば高まるほど自社の知名度も上がります。

ユーグレナは不変ニーズを意識した戦略を取っているんですね。

ミドリムシの特徴はこちらです。

・健康に良い

・美容に良い

・環境にも良い(ミドリムシが代用燃料になると注目されている)

これらの三つのニーズは人間が今後も抱き続ける三大ニーズなんです。つまり、需要がなくなることがありません。だからユーグレナは市場も創り、人間の根本欲求であるニーズを攻めている超一流企業なんです。

別に私はユーグレナを褒めたくてこの記事を書いたわけではありません。(社会貢献を目標にしている出雲社長は本気で偉人だとは思いますが……)

将来性の見分け方です。

二流は与えられた仕事だけをこなす。

結論を述べてしまえば、「仕事を創りだす人は自社開発型ビジネスができる一流ですよ。でも、市場創り出せる人はパイオニアとして成功できる可能性を秘めた超一流ですよ」ということを言いたかっただけです。

人間の将来性なんて思考と行動で決まるのです。あ、これは人間だけではなくて、会社にも言えることですが……。

結構シンプルですが、シンプルだからこそ投資判断・他人の見極め方のお役に立てると思います。


スポンサードリンク