現物株取引に損切りは必要ない

LINEで送る
Pocket

このタイトルはとても極論であり、誤解を招く表現になってしまうのですが私は現物株取引に損切りは必要ないと思っています。

こういうことを言うと非常に大きな反発が起きそうですが、そもそも「損切りせざるを得ない株」を買わなければいくら株価が下がっても損切りする必要なんてないのです。


上場廃止すれすれの株だったり、万年赤字が続いていたり、持っていても配当金も何も生み出さないような株であれば損切りするのも一つの手でしょう。しかしながらそんな株は最初から買わなければ良いのです。

「持ち株が粉飾決算企業だったらどーするんだ!」という意見もあるかと思いますが、財務分析に精通していなければ営業キャッシュフローがプラスの会社だけ買えば良いだけの話です。

それだけで粉飾決算株を掴んでしまう可能性をグンと下げることができます。

ぶっちゃけた話、配当金が振り込まれる株だったらいくら株価が下がっても売る必要なんてないんですね。

配当金が出る株というのは持っているだけで黒字になるのです。維持費もかからなければ管理料もタダ。放ったらかしにすれば勝手に配当金を振り込んでくれるので配当株は立派な資産になるんですよ。

だから極論を言えば、いくら株価が下がっても配当金や株主優待が貰えるのであれば株を売る必要なんて全くないのですね。

「じゃあ、配当金が出ない株はどうするんだ?」という意見もありますが、そんなのは最初から買わなければ良いんですよ。無配株を購入して含み損を抱えてしまったら我慢するか損切りするかしかありません。当然のことながら塩漬けにしている間は何の収入も生み出さないので無生産資産になってしまうのは確かです。

しかし、配当金を支払ってくれる株であれば莫大な含み損を抱えても定期的に配当金を振り込んでくれるので「持っているだけで役に立つ存在」として活躍してくれるのですね。

こんなのは基礎中の基礎の超基礎的な事柄なのですが、この基礎を忘れている人が多すぎる気がします。忘れるどころか最初から意識していない人も多い。特に株をマネーゲーム代わりに取り組んでいる人は株価の動きで一喜一憂するのが普通でしょう。

株なんていくら含み損を抱えても良いんですよ。

売らなければ良いんです。株を売らないで株価が回復するまで待つ。万が一株価がずっと戻らなくても配当金や株主優待を受け取れるから問題ない。そのくらい悠長な気持ちで取り組まないと株式投資は本当に疲れてしまいます。

株式投資って自分が幸せになるための手段なのに、その手段に振り回されて結果的に不幸になっている人がとても多いのですね。

だから私は「現物株取引に損切りは必要ない」と主張したいのです。特に黒字経営を続けており、安定配当を支払っている会社を「株価が下がったから」という理由で売るのは馬鹿らしいです。

買えば良いじゃないですか! 買ったらもっと配当金も増えるんだから!

しかし、人間は感情に左右される生き物なので「ここまで値下がりした株なんか買いたくない」と思ってしまうのです。人間は合理的に行動しているように見えて実は非合理な生き物です。

そもそも株は復活するのが当たり前なんですね。明らかに救いようのないダメな会社が黒字復活を遂げることも多々あります。

だから株は面白いのですよ。

これは人間でも同じことが言えますが、馬鹿なことばかり言っていてどうしようもないクズみたいな人間が後に成功者になるという例は山のようにあります。それこそホームレスから上場企業経営者になったオウケイウェイヴ (3808)の兼元 謙任社長のような例もあるのです。


出典 globe.asahi.com

普通の人だったら、「ホームレスになったら終わりだ。今ホームレスなのに将来成功できるわけがない」と諦めるでしょう。しかしながらホームレスから起業して成功した人なんて世界中に山ほどいるのですね。

今がダメだからと言って将来もダメだとは限らないのですよ。

それは株式投資でも同じことが言えます。

結局、現物株投資で損切りしてしまうのは精神が耐えられなくなるからです。なぜ精神が耐えられなくなるかというと、「これ以上株価が下がったら本当にどうしようもない。こんな株持っていたくない。もう売ってしまおう」という非合理的な決断を下してしまうからです。

つまり、自分自身に負けるのが損切りという行為なんですね。

これは私の持論ですが、含み損を抱えたくらいですぐに損切りする人間なんて敗北主義者と変わらないのです。ドイツ軍はソ連軍に侵略されて劣勢に陥っているとき、味方を見捨てて逃亡した兵を殺し、「私は敗北主義者です」というプラカードを掲げて至る所に吊るしました。


結果的にドイツは第二次世界大戦で敗北し、国土もボロボロにされました。

そんなドイツですが、今は世界四位の経済大国として君臨しています。EUのメンバーとして名を連ねており、今や欧州はドイツが中心となって動いています。

日本もアメリカに喧嘩を売って嫌というほどアメリカにボコボコにされ、挙句の果てに核兵器まで撃ち込まれて国土がボロボロになっても世界第三位の経済先進国として立ち直ることができました。(GDP一位はアメリカですが……)

ドイツも日本も「もうどうしようもないくらいボロボロ」という状態から見事に復活を遂げたのです。

結局、日本もドイツも戦争に負けましたが、今はどうでしょうか?

経済先進国として名を連ね、多くの国民が最新機器を持ち運んでいる国として存在しているのです。

国も会社も株も、いくらボロボロになっても立ち直ることは可能なんですね。

含み損を抱えたくらいで損切りを決断する。それは個人の自由なので私がどうこう言う権利もないのですが、思想そのものが敗北主義者なんです。株を持ち続ければいくらでも含み損を解消できるチャンスがあるのにも関わらず、自ら損切りという「敗者の戦略」を採用する。

心の底からどっぷりと敗北の器に浸かっているから思想も敗北主義になるのです。

「世界経済は常に成長し続けており、歴史を紐解いても人類の発展が途絶えたことがない」という事実を理解すれば経済情勢のちょっとした変化に右往左往する意味なんか全くなくなるのです。

資産の75%を失った思い出

上記のリンクは資産の75%を失った人が書いたブログですが、結果的にこの人は資産が減るどころか10倍以上に膨らんでいるのです。

この人は株を売ることをせず、「放置」という戦略を採用して生き残りました。

馬鹿らしいんですよ、本当に。株価が下がったくらいで心が乱れたり他人に八つ当たりするような人間は。現物株だったらいくらでも耐えられるのにも関わらず、耐えない。精神が弱いから耐えられない。その根本的な理由は思考そのものが敗北主義に染まっているからです。

勝つことを諦めないで戦い続けるか、負けを潔く認めて損切りするか。

後者の選択を採用する人が多いから9割以上の個人投資家が負けるのです。勝つ可能性がある限り戦い続けるというのが勝てる投資家の特徴になります。バフェットも決して株価が下がったというくだらない理由で損切りすることはありません。

敗北主義に浸かった人間は株式投資の世界でも勝利することは不可能です。


スポンサードリンク