なぜ孫正義さんは投資能力も秀でているのか?

LINEで送る
Pocket

日本では知らない人はいないと言われるほど超有名経営者である孫正義さん。


出典 www.rechargenews.com

ソフトバンク(9984)を率いる孫さんは、経営者としての実力だけではなく投資家としての実力も秀でているのが注目ポイントです。

 

孫さんは中国電子商取引の最大手であるアリババグループに対し、アリババがベンチャー企業の時代から投資していた実績を持ちます。結果的にアリババは上場を果たして孫さんは多大な富を得ることができたのですが、なぜ孫さんは投資でも成功を収めたのでしょうか?

 

孫さんは「ジャック・マーの目つきは動物的臭いがした」と語っており、プレゼンテーションや数字の資料を見ないで投資を決断したのです。

 

要するにアリババ投資で成功を収めたのはデータ分析の結果ではなく、孫正義流の「人を見抜く力」が長けていたからではないでしょうか。

 

孫さんは人を見抜く力が秀でているから投資活動を通じて莫大な利益を得ることができたのです。

 

私は株を購入する際にデータ分析を行ったり、将来性を見抜いたりするのも重要だと考えていますが、それよりも大切なのは人を評価する力です。いくら業績が伸びていても経営者が優秀でなければ更なる躍進を遂げるのは難しいのです。

 

また、この世の中には平気で投資家を騙す人種も存在するので、人を見極める力が株式投資で重要となるスキルになります。

 

例えば今年、東証マザーズに上場しているとある企業の経営者が「一点の曇りもないから信じてください!」と述べましたが、結果を見ると曇りがあったことが発覚して大多数の株主から失望されています。

 

孫さんが投資業務で成功を収めることができたのはアリババ経営者のジャック・マーの将来性と実力を見事に見抜いたからです。

 

孫さんは投資業務だけではなく、事業でも多大な成功を収めている偉大なる経営者ですが、私は投資家としてのスキルがある人ほど経営者に向いていると考えています。

 

なぜかと言いますと、経営という仕事は投資と似ているからです。

 

人材を育成するのも投資、新規事業を立ち上げるのも投資、成長性に長けた事業を継続して持続的成長を成し遂げるのも投資と関連性が高いからです。

 

資金を上手く活用して大きな利益を得るのが優秀な投資家の特徴になりますが、実力に秀でた経営者は会社経営において常に適切な投資を実行することができるのです。

 

また、孫さんは長期投資をメインの投資スタイルとして設定しており、「成長性に長けた会社に投資し、長期的に見て大きな利益を上げること」を投資戦略として策定しています。

 

注目すべきは孫さんの投資パフォーマンスで、「私も失敗をたくさんするが過去10年間でソフトバンクが投資した会社は平均して20倍成長した」と孫さんは述べています。

 

ソース http://japanese.joins.com/article/468/191468.html

 

ウォーレン・バフェットも長期投資で多大な財を築きましたが、孫さんも長期投資を実行して立派な結果を出している偉大なる人物です。10年後、30年後を考えると述べている孫さんは目先の利益にはこだわらない素晴らしい偉人だと評価することができます。

 

私の知り合いの経営者にも「大きな利益しか狙っていない」と公言している人がいらっしゃいますが、成功する人はこういうことを言うのだなぁと思います。目先の利益にこだわらず、将来の大きな利益に注目しているから長期投資を成功させることができるのです。

 

長期投資に徹し、人を的確に見抜く孫正義さんは「超一流の投資家」として異論を唱える人はいないでしょう。

 

私は孫さんの足元にも及びませんが、孫さんの投資戦略は徹底的に勉強させて頂きたいと望んでいます。


スポンサードリンク