自分の意見を主張するのが1流の投資家

LINEで送る
Pocket

1流の投資家になりたければ自分の意見をどんどん主張してください。

これはビジネスにおいても同じことが言えますが、「自分の意見」を主張する人ほど有能であることが多いです。

自分の意見を持っている人は「自分の頭で考えられる」ので株式投資に向いているのです。

オバマの賢人のウォーレン・バフェットや、バリュー投資の手法を確立したベンジャミン・グレアム、成長株投資を実行して富を得たフィリップ・フィッシャーなど、これらの著名な投資家は「自分の意見を主張することができる」という共通点が存在します。


自分の頭で考え、自分で勝つための手法を編み出したから莫大な富を得ることができたのです。

株式投資で勝ちたければ個別銘柄の実力を見抜く分析力や戦略策定能力なども重要になりますが、それと同じくらい大切なのは「自分の意見を言うこと」です。

あなたには自分の意見が存在しますか?

「俺は自分を持っている! 自分の意見が存在する!」と主張する人も多々いらっしゃいますが、その意見がネットで転がっている情報だったり、他者の意見をそのまま引用していたりすることがよくあります。

「自分の意見を持つ」というのは新しいことを主張しろという意味ではありません。

使い古された意見でも良いのです。

ただ、意識してほしいのは「自分の意見を理論的に説明することができるか?」という点です。

例えばバフェットは長期投資の有効性を理論的に解説することが可能です。

バフェットは非常に素晴らしい投資家ですが、バフェットの意見を表面上取り入れて「長期投資が1番!」と述べてもそれは自分の意見ではありません。「道筋を立てて説明することができる意見」が自分の意見になるのです。

自分の意見を持ちたければ自己を確立しなければいけません。

まず、自分という存在を知る必要があるのです。

自分がない人ほど他者の意見に翻弄され、自分を見失うことが多くなります。こういう人ほど売り煽りや買い煽りに負けて苦汁をなめます。

「株で儲けたければ自己を確立するのが重要」という思想を身につけてください。

自分の意見を語る投資家は、自分の意見に自信を抱いているので暴落が多少起きても揺るぐことはありません。株式投資の世界は「自分の信じた戦略を実行し続ける」のがとても重要になるため、他人の意見に左右される人は株式投資で負けるのです。

自己を確立するために有効なのが「自分の意見を主張すること」です。

自分の意見を主張する場所がないことで悩んでいる人も多いでしょう。そういう人はインターネットを活用すれば良いです。サイトやブログを始め、自分の意見を述べて運営を続けていけば自己を確立することは可能です。

自分の発する意見が本当に一理ある場合、必ず賛同者が現れます。

賛同者が現れると「自分の意見」に自信を持つことができるので、自分という存在を認識することが可能になります。

日本人は自分の意見を抑える傾向が強いです。

「はっきりと言わないのが美徳」という風調が築かれているので仕方がない部分もあるのですが、株式投資で勝ち続けたければ「自分の意見を主張できる人間にならないとダメ」です。

自分の信念、価値観、考え方が確立している人間ほど株式投資で勝つことができます。

自分の意見がない人は周囲に流され、常にふわふわしているので株式投資で利益を得るのは難しいと思ってください。


スポンサードリンク