年金が予想以上に少なかったお陰で大成功できたおじいちゃん

LINEで送る
Pocket

今、年金問題は日本で深刻な騒動となっています。

特に今の若者は将来受給できる年金額が少なくなる可能性が濃厚です。私も20代の人間なので確実に今のお年寄りよりも受給できる年金額は少なくなるでしょう。

そのため、「年金以外の不労所得を確保する」のが老後の生活を送る上で重要になりますが、そもそも年金が少なくて良かったというケースは存在しないのでしょうか?

実は、ケンタッキーフライドチキンを創業したカーネル・サンダースは「年金が少ないおかげ」で成功したのです。


カーネル・サンダースと言えば1009回断られても諦めなかったエピソードが有名ですが、私が注目したいのがカーネル・サンダースが起業しようと思った動機です。

実はカーネル・サンダースは「高い志を抱いて起業した」というわけではなく、「生活に困って起業した」というのが正しいのです。

カーネル・サンダースはサンダース・カフェというレストランを経営していましたが、町外れに高速道路が開通するとサンダース・カフェには客が入らなくなってしまったのです。仕方なくカーネル・サンダースはサンダース・カフェを手放しましたが、負債を返済するとほとんどお金は残らなかったのです。

「貯金がなくても年金で生活すれば良いか……」と思っていたカーネル・サンダースですが、その目論見は見事に崩れ去りました。

老後に支給された年金は毎月たったの105ドル! 

これではとても生活はできません!

予想以上に少ない年金額に一番驚いたのはカーネル・サンダースで、「このままではマズい」と思って老後にビジネスを始めることにしたのです。

サンダース・カフェで一番流行っていたのがフライドチキン。しかし、新たにフライドチキンを販売するための資金はないし、店を構える費用もない。そこで思いついたのがフランチャイズ契約です。

「フライドチキンの製造法を教える代わりに、フライドチキンが一個売れるごとにロイヤリティを頂く」というのも苦肉の策だったのです。本当はこんなことをやりたくてやったわけではなく、「お金もないし生活に困っているから仕方なく始めた」のです。

それで1009回も断られ続け、最終的には大成功を収めたカーネル・サンダースですが、元はと言えば「危機的な状況から仕方なく事業を始めたおじいちゃん」だったのです。

もし、カーネル・サンダースに生活できるくらい年金が支給されていたらどうなっていたでしょうか?

恐らくですが、ケンタッキーフライドチキンは存在していなかったと思います。東証2部に上場している日本KFCホールディングス (9873)も今頃姿はなかったでしょう。「年金だけで生活できなかったから事業を始めるはめになり、結果的に成功した」のがカーネル・サンダースです。

日本に話を戻しましょう。

今、日本には年金受給額で悩んでいる人が沢山います。今の若者は将来に関して不安ばかりが募っており、将来がどうなるか心配な人も多いです。

しかし、カーネル・サンダースの例を見ても分かる通り、「悪いことが本当に悪いとは限らない」のです。年金受給額が思ったより少なかったのは悪いことのように見えるでしょう。ですが、年金額が少なかったからカーネル・サンダースは偉人になることができ、大成功を収めることができたのです。言い換えれば「年金が少なくて良かった」のです。

しかし、なかなかこの考え方ができる人はいない。

塞翁が馬という話をご存知でしょうか?


出典 d.hatena.ne.jp

昔、中国の北方に占いが得意な老人が住んでおり、その老人の馬が逃げ出してしまいました。近所の人が慰めに行くと「いや、これが幸運に変わるかもしれん」と述べ、後日逃げ出した馬が立派な雌馬と一緒に帰ってきたのです。

近所の人々が「おめでとうございます!」と言うと、老人は「いや、これが災いを起こす」と語り、老人の息子が雌馬に乗っていたとき、落馬して骨折してしまったのです。

そして近所の人々が「災難でしたね」と言うと、老人は「これが幸運になるのだよ」と語ります。

その後、隣国と戦争が起きたのですが、息子は骨折していたので兵役から免れ、命が助かったというエピソードになります。

いかがでしょうか?

短期的な視点で不幸だの、幸福だの考えてはいけないのです。今悪いと思っていることが、長い目で見ると滅茶苦茶良いことであったというケースは多々あります。アメリカでも中国でも「悪いと思ったことが実は良いことだった」というケースは存在するのです。

我々投資家も短期的な良い悪いで物事を判断してはいけません。悪いことが起きたら、それは大きなチャンスかもしれないのです! 

逆に良いことが起きたら用心するくらいの気持ちで投資しなければダメなのです。

「一見不幸に見えることが、実は大きなチャンスだった」という例は腐るほど存在します。成功を収めるために、我々はこのことを強く意識しなければいけません。


スポンサードリンク