賢明な投資家は焼肉食べ放題でご飯を注文しない

LINEで送る
Pocket

コストパフォーマンスだけを重視する賢明な投資家は焼き肉食べ放題でご飯を注文しません。


出典 www.minzokumurajp.com

投資家で重要となる能力は「コストパフォーマンス」に対する意識であり、コストパフォーマンスを追求するのであれば焼き肉食べ放題でご飯を頼むのは論外です。

 

今、ツイッターで下記の漫画の画像が話題になっています。(著作権上の問題があるため、漫画はリンクを見て確認してください。)

 

焼き肉漫画1 http://i.imgur.com/vaQ8Lmj.jpg

焼き肉漫画2 http://i.imgur.com/jtWZiVy.jpg

焼き肉漫画3 http://i.imgur.com/yKfTNfV.jpg

 

上記の漫画では「焼き肉を食べるときにご飯を頼むのは邪道」だと述べていますが、投資家視点で考えるとどうでしょうか。

 

投資家はコストパフォーマンスに秀でた株を買わなければいけません。

 

常にコストパフォーマンスを意識している優秀な投資家は焼き肉食べ放題でご飯を頼むのはありえないと考えます。それはご飯を頼んだ時点でコストパフォーマンスが低下し、「払ったお金の価値以上のバリュー(価値)を得るのが難しくなる」からです。

 

具体例を挙げましょう。

 

今回は東証2部に上場している安楽亭(7562)のメニューで計算してみます。

 

安楽亭は焼肉食べ放題コースを提供しており、100分で2980円になります。

 

要するに2980円払えば100分間焼肉やご飯が食べ放題になるのですが、食べ放題で問題になるのは「満腹になるまでにどれだけ食べ物を食べられるか」という部分です。

 

人間は無限に物を食べることはできません。

 

焼肉食べ放題に行ってコストパフォーマンスを追求するのであれば、「できるだけ価値の高い物を食べて、元を取る」のが重要になります。

 

安楽亭が提供しているファミリーカルビ醤油ダレは1人前450円で、1皿445kcalになります。

 

ライスは単品で頼むと1人前260円。カロリーは420kcalであり、カロリーだけを単純に計算すると「ご飯を頼むより肉を頼んだ方がお得であること」が分かります。

 

ファミリーカルビ醤油ダレを2人前注文すると900円で890kcal。

 

ライスを2人前頼んだ場合、520円で合計カロリーは840kcalです。

 

どうでしょうか? 2人前頼んでもカロリーは50しか変わらないのにも関わらず、ファミリーカルビ醤油ダレとライスを比較すると値段差は380円も開いてしまうのです!

 

この結果を詳細に分析すると、「焼き肉食べ放題で金銭価値を追求したければ値段の高いカルビを注文し、ご飯は一切頼まない」というのが正しい選択になります。

 

更に焼肉屋の焼き肉はタレや肉の関係によって「自宅で焼肉屋と同じ味を再現するのが難しい」のが難点になりますが、白飯は普段から食べることができる主食になります。


出典 blog.xagave.com

この事実を分析すると「焼き肉屋の肉は希少価値が高く、ご飯はいつでも食べられるから希少価値は低い」と判断することができます。

 

茶わん1杯のご飯は約150グラムですが、国の調査によると茶わん1杯のご飯の値段は33円です。

資料は平成25年の「総務省 小売物価統計調査」を参照。

ソース http://www.stat.go.jp/data/kouri/doukou/indexf.htm#i2

 

これらの事実を全体的に加味すると、「焼き肉食べ放題でご飯を頼むとコストパフォーマンスを落とす原因になり、コストパフォーマンスにこだわる優秀な投資家は焼肉食べ放題でご飯を注文しない」のが真実になります。

 

逆に単品でできるだけ安くお腹を満たしたい場合、肉の注文量を少なくしてご飯を多く頼むのが賢明になります。優秀な投資家は値段と物の価値をしっかり分析し、計算して株を買うから大きなリターンを得ることができるのです。

 

金銭価値を最大限に重視し、焼肉食べ放題を満喫するのであれば、ご飯は頼んではいけないのです!

 

 

投資家は常に「物の価値を比較して1番パフォーマンスが高い物を買うこと」を心がけなくてはいけません。

 

 

しかし、焼肉食べ放題でご飯を注文するのは個人の自由であり、コストパフォーマンスだけを重視して肉だけを頼むのはちょっと人としておかしいです。

 

計算上、「焼き肉食べ放題の場合、肉だけ頼んだ方が有利」というのがデータで出ていますが、自分の好きな物を食べれば良いと思います。

 

私が言いたいのは「焼き肉食べ放題でご飯を注文するな!」ということではなく、「優秀な投資家になりたければコストパフォーマンスを重視する習慣を身につけなければいけない」という内容です。

 

焼き肉食べ放題で何を頼んでも自由なんですよ。

 

自分の食べたい物を食べれば良いのです。

 

ただ、株を買うときは「コストパフォーマンス」に徹底的にこだわってください。株同士の価値を比較して1番コストパフォーマンスの高い株を買うのが本当に賢明な投資家です。


スポンサードリンク