自責思考は絶対に身に付けた方が良い

LINEで送る
Pocket

自責思考は「今起きている現実は全て自分の責任である」という思考であり、私も自責思考を強く抱いて物事に取り組んでいます。


出典 www.youtube.com

株式投資を行っている人なら分かると思うのですが、絶対に他責思考より自責思考の方が良いです。株式投資は自己責任が原則となっていますし、誰も助けてくれません。全ての結果は自分の責任になるため、他者に責任を押し付けること事態が論外なのです。

私が思考の根本に掲げているのは「絶対に他人のせいにしないこと」

どんなに悪い結果が出てもそれは他人のせいにしてはいけないのです。何でもかんでも責任転嫁する人間は嫌われますし、人間的魅力もないです。更に言えば悪い結果を自分の責任だと受け止められない人間は成長性もないですし、誰からも期待して貰えなくなります。

こういう風に偉そうに語っている私ですが、私自身も自責思考ではなく、他責思考であった時代がありました。そのときは悪い結果が訪れたらすぐに責任転嫁していたのですが、今思えばとんでもない甘えだなぁとつくづく痛感したのです。

株式投資を続けたければ自責思考を身につけるのは当たり前のことですが、仕事でも自責思考を抱くのが重要であると私は考えています。

漫画家や作家などは担当編集者からダメ出しを受けることが多々あります。実際に私も色々と修正点を指摘されますが、中には「俺の作品を理解してくれない編集者が悪い」と逆ギレするパターンが存在します。

これ、1番やってはいけないことだと思っています。

そもそも何も言われたくなければ何も言われないくらいの実績を出すか、何も言われないくらい完璧な仕事をすれば良いんですよ。

それができていないから修正した方が良い点を指摘されるのであって、そういう風に助言してくれるのはとてもありがたいことだと実感した方が良いのです。何も期待されていなければ何も言われませんから。(実際に私も期待していない人に対しては全く口出ししません)

仕事上の関係でアレコレ言われるのは実はありがたいことなのです。

そのアドバイスが明らかに間違っていたり、おかしいことを言っていたりしたら反論するのもアリだと思いますが、「自分の仕事を認めてくれないからこの人はダメだ」と決め付けるのは早計だと思うわけです。そもそも相手が認めてくれるくらいの結果を出しているか?とか考えるのが、自責思考のポイントになります。

自責思考は良いこと尽くめのように思えますが、勿論デメリットも存在します。

1番のデメリットは「ストレスが溜まりやすい」ということでしょう。他人に責任転嫁することがないので、全ての責任は自分が悪いと受け入れなくてはいけません。言ってしまえば付き合っていてウザい人間がいたとしても、そもそもそんな人間と付き合っている自分に原因があると考えるのが自責思考です。

そのため、自責思考を抱いているとストレスが溜まりやすく、逃げ場を見つけることが困難になるのでメンタルが弱い人だとうつ病になるリスクが増大するのがデメリットになります。

ただ、他者に責任転嫁ばかりしている人は間違いなく魅力がなく、誰からも信頼して貰えないので自己成長を目的とするのであれば絶対に自責思考は身に付けるべきです。優秀な経営者や投資家は皆自責思考を身に付けていますし、ダメな人ほど責任転嫁することが多いのはあなたもご存知でしょう。


スポンサードリンク