「励ますだけの株主」である竹田和平さんは本当に素晴らしい

LINEで送る
Pocket

今年81歳になった竹田和平さんは現在も一流の投資家として活躍してます。


出典 dancewithyou.jp

私は竹田さんが大好きで、竹田さん特有の「割安高配当株投資」は独自の戦略を築き上げるための参考材料にさせて頂きました。

 

タマゴボーロを販売して竹田製菓の地位を高めた竹田さんは、「投資家としても経営者としても実力の高い素晴らしい人間」として現在も名を高めています。

 

最近は「物言う株主」が有名ですが、竹田さんは「励ますだけの株主」としてあり続けています。

 

株主総会には出席せず、経営者に対して何も文句を言わない竹田さんは人格者として知られており、「株を保有している会社の経営者」を完全に信頼しているのが特徴になります。

投資歴は約58年。

 

私なんかとは比較にならないほど超ベテランであり、知識と経験を活かした株式投資術は「竹田の魔法」と呼ばれています。

 

竹田さんはROE重視の投資を行なっており、「10年後にROEが20倍になる株を買う」という投資を実行しています。

 

昔は割安高配当株を買い集めていたのですが、現在はROE重視投資にスタイルに移行しており、データを重視して株を買う竹田さんの姿勢は私も見習いたい要素になります。

 

結局株というものはデータを分析しないとダメなんですよ。

 

運任せの投資や「希望的観測を重視した投資」はもう古いと思っています。

 

古代の戦争では数と数をぶつけあってマンパワーで勝つのが普通でしたが、カルタゴのハンニバルは包囲戦術を駆使して大国ローマを翻弄し続けました。

 

ローマを痛めつけた実績があるハンニバルは「戦術の有効性」を理解していたのです。

 

株式投資の場合、勝ち続けるために重要となるのは戦略です。

 

優れた戦略を編み出し、理を持って株を買える人間が株式投資で勝利を掴むことができるのです。ただなんとなく株を買ったり運任せの投資を続けていたりするのは戦略レベルが低い証明になります。

 

竹田さんは株式投資のスキルも秀でているのですが、私が注目したいのは竹田さんの人格と考え方なんですね。


出典 dancewithyou.jp

仏教徒の祖母から「恩返しの大切さ」を教えられた竹田さんは、報恩感謝の精神を重視しています。セミナーを開いている竹田さんは「感謝の心」を多くの人に説いています。

 

この感謝という言葉、良いですねぇ。

 

今の世の中は感謝することを忘れている人が多すぎる気がします。

「感謝の心は大切」というのは言うまでもない真理になりますが、なぜ感謝を忘れて人生を悲観的に過ごす人が多いのでしょうか?

 

今住んでいる家だって、家を建築してくれた人がいるから屋根のある場所で快適な生活を送ることができるのです。

 

私達は毎日食べ物を食べていますが、食料を生産してくれる人がいるお陰で美味しい食べ物を頂くことができます。人間は生きているだけで命を奪う罪深い生き物ですが、命を奪わないと生きれないから「いただきます」という形で感謝を示すのです。

 

生きているだけで感謝できる要素はたくさんあるのですが、今頂いている物が「当たり前」になっているため、感謝するのが難しい人も多々いらっしゃいます。

人は人様に生かされている存在です。

 

 

「自分が受け取っている物に対し、心から感謝することができない」というのは人生において大きな損失であり、感謝の心を忘れた人間は自分一人で物事が動いていると誤解することが多くなってしまうのです。

 

ビジネスでも株式投資でも感謝の心は重要です。

 

はっきり申し上げますが、「何でも自分の手柄。自分に対して協力している人に対して横柄な態度しか取らない」というのは明らかに間違っています。

 

成功者には必ず支えてくれた人々が存在し、多くの人々の協力を得たから成功者は人生に勝利することができるのです。

 

「自分を支えてくれる人々」に感謝することを忘れて、自分は凄いんだぞ!と堂々と述べるのは果たして正しい行為でしょうか。私が裏方の立場だったら支える意欲も減退しますし、こういう人間は必ず周囲の人間から見限られてしまうのです。

 

 

株を持っていると配当金を受け取ることができるのは「その企業で働いている従業員、経営陣」が時間をかけて努力をしているからです。

社員の皆様方が努力した結果として配当金が生まれるのであり、我々投資家は「社員の皆様、経営陣の皆様に生かされている存在」だと解釈することができます。

 

竹田さんは株主総会に参加せず、企業を励まし続ける「人格者」として認知されていますが、私も株主総会に参加したことはありません。

 

竹田さんの素晴らしい思考を見習っており、持ち株の会社に何か意見を述べたこともありません。

 

株主というものは会社を支える存在であると認識しているからです。

 

さすがに会社を励ますことはありませんが、それが私と竹田さんの違いなのでしょう。

 

人格的に優れているのは明らかに竹田さんであり、竹田さんの投資理論は実に理にかなっていることを理解しなければいけません。

 

竹田さんのように優れた投資家になりたければ、「割安高配当株を買う戦略」を実施するか、「ROE重視戦略」を実行することをお勧めいたします。

 

個人的な意見を述べると割安高配当株投資戦略は現代でも通用する戦略になるため、初心者にお勧めです。

 

 


スポンサードリンク