戦う株主である山口三尊さんが本当に素晴らしい

LINEで送る
Pocket

不正を正し、株主に利益を与える活動を継続している山口三尊さんが本当に素晴らしいです。

アドバンテッジ被害牛角株主のブログ


(手前の人物が山口さん)

出典 www.47news.jp

山口さんはアムスクと法廷での戦いを開始したり、カネボウの買い取り価格問題で裁判を起こしたりして勝訴しているとても優秀な人物です。

 

「戦う株主」として名声を高めている山口さんは過去、カネボウやレックスの裁判で栄誉ある勝利を得ており、「泣き寝入りをしないで堂々と戦う株主」として活躍しているのが特徴になります。

 

山口さん自身は東証1部上場企業に勤務しており、とても社会的地位が高い人物になります。

 

今回、山口さんは「東宝不動産裁判で代表を務める」という大役を担っており、東宝不動産のTOB価格が不当に安いと異議を唱えて多くの人から注目されています。

私もプロスペクトの株主の1人として山口さんのことを熱心に応援しており、山口さんが掲げる「株主利益を保護する社会正義」に共感を覚えている立場です。

 

数多くの株主に対して東宝不動産TOBの問題を訴えている山口さんは、「株主の利益保護を目的とした活動」を通じて多くの人から称賛を浴びています。

 

2chで叩かれることもあるみたいですが、2chの叩きなんて気にする必要がないです。

 

まあ、山口さん自身は全く気にしていないと思いますが(笑)

 

私もよく叩かれますが気にしてないですし。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Y_MWihXnb5o

 

私は東宝不動産裁判の行方が非常に気になっており、「東宝不動産の不当廉価TOBの弁護士による説明会」の動画を全て拝見させて頂きました。

 

株主が一致団結して東宝不動産のTOB価格が不当だと主張していますが、どう考えても東宝不動産のTOB価格はありえないのです。

 

山口さんは東宝に対して「東宝不動産の株を1000円で売ってくれ!」と内容証明で送ったのですが、東宝の代表取締役の島谷さんから内容証明で1000円では売らないと返されたそうです。

 

1000円で東宝不動産の株を売らないのにもかかわらず、735円のTOB価格を主張するのは本当にどうなんでしょうか。

 

ありえないと思っています。

 

山口さんは「1200円だったら東宝不動産の株を買う」と述べており、どれだけ東宝不動産のTOB価格が安いか示す主張になります。

 

また、今回東宝不動産裁判に参加する弁護士の方も非常に素晴らしく、「成果報酬型で弁護士費用を受け取るが、株数が予想より集まらなくても株主利益を保護するために戦う」と述べています。

 

今回の東宝不動産裁判は「TOB価格が上がれば上がるほど弁護士の報酬が上昇する」というのが真実になりますが、仮に株数が全然集まらなくても株主利益という大義を達成するために弁護士は戦うと主張しているのです。

 

これは弁護士の方が山口さんの考え方、理念に共感しているからであり、山口さんがどれだけ人間的魅力に長けている人であるかを裏付けるデータになります。

 

また、山口さんは動画内で「プロスペクトとは積極的に関わっていく」と公言しており、プロスペクトと山口さんの関係が親密であることを意識する発言になります。

 

山口さんは少数株主の利益を保護し、不当なものは不当だと主張して戦い続ける立派な人物です。株主の立場から見れば山口さんの行動に感銘を受ける方が大半でしょう。

 

山口さんのような偉大な人間が存在するから、資本主義社会は健全な発展を遂げることができるのです。株主を軽視している企業がとても多い中、山口さんの存在は株主という人間を照らす1つの星のように輝き続けているのです。

 

私は一株主として山口さんの活動を徹底的に応援したい。

 

日本には山口さんのように「自ら戦い、多くの株主の利益を保護する人間」が存在するのです。大義を掲げ、弱者を守る山口さんの生き方に共感する人も多いのではないでしょうか。

 

また、山口さんは独自でブログを運営しているので、興味がある人は是非訪問してください。

 

アドバンテッジ被害牛角株主のブログ

 

山口さんのツイッター

@kanebo162

 

証券非行被害者救済ボランティアを続ける山口さんは今の日本に必要な存在です!

 

社会正義を掲げる山口三尊さんを心の底から称え、応援しましょう!


スポンサードリンク