アウンコンサルティング (2459)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
・会社名  アウンコンサルティング株式会社
(あうんこんさるてぃんぐ 英称:aun-consulting-inc)
・証券コード 2459
・業種     サービス業
・決算   5月
・設立年 1998年6月
・上場年 2005年11月

・1株価格275円(11/14終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約2万7500円

・予想PER101.85倍、実績PBR2.95倍、実績BPS93.08、予想配当利回り0%

管理人評価D

 

【会社紹介】

アウンコンサルティングはSEO対策業務やSEOコンサルティング業務で利益を得ている会社です。


SEOねぇ……。

 

私はSEO事業が将来有望な業務だとは全く思っておらず、競争が激化しているSEO事業はビジネスモデルとして秀でていると評価していません。

 

現在、SEO企業は腐るほど存在しますが、逆に言えばそれほど競争が激しい業界であることを裏付けるデータになります。しかもSEO業者の大半は一般的に評判が芳しくなく、SEO業務そのものに私は良い感情を抱いていません。

 

アウンコンサルティングは成果報酬型のSEO対策サービスを提供しており、初期費用ゼロ、毎月の固定費もゼロというのをウリにしています。

 

成果報酬型SEO自体は他の会社も取り組んでいるので明確な差別化になっていないのです。

 

SEO専門の担当コンサルタントを通じてお客様のSEO課題を解決するために熱心に取り組んでいるアウンコンサルティングは、「お客様第一主義」を掲げているのが長所です。

 

赤字経営に悩まされていたアウンコンサルティングですが、現在は収益力の回復と拡大を目的として自社の強みを最大限に発揮することのできる領域で勝負しようと戦略を立てています。

継続的に付加価値の高いサービスを提供し、お客様本位の経営を心がけて挽回を図りたいと望んでいます。

 

【webサービス提供に強いアウンコンサルティング】

アウンコンサルティングの最大の長所は何と言ってもwebサービス提供業務でしょう。

SEOを中心とした高品質なwebサービスは様々なお客様のニーズを満たす力が存在します。多言語のwebサービスやシステム開発なども手がけており、web展開を図る企業を支援する業務を通じて売上を上げているのが長所です。

 

SEO業界の競争が激しいのはアウンコンサルティングも認めていますが、厳しい業界で勝利を得るためにアウンコンサルティングは人材育成に力を注いでいます。

 

ビジョンや経営理念を共有できる優秀な人材を育て上げ、人材力を通じて安定した黒字経営を維持したいと望んでいるのが現在のアウンコンサルティングです。

 

【アウンコンサルティングの財務分析】

アウンコンサルティングは赤字経営が続いていましたが、現在は業績が回復しています。

2014年通期決算の売上高は16億7800万円、営業利益は-600万円、経常利益は700万円、純利益は1100万円で黒字復活を遂げたのが良いです。

 

来期は増益が予測されています。

 

景気が回復した影響によって金融・保険向けのリスティング広告が成長しています。収益柱のSEO対策業務はまだまだ課題が残っている状態で、高収益事業として昇華することが望まれます。

財務状態は良いです。

自己資本比率は76.1%。有利子負債額はゼロです。

 

【アウンコンサルティング株に向いている投資スタイル】

アウンコンサルティングは非常に厳しい株です。

2014年通期決算で黒字回復を成し遂げたのは評価できるポイントになりますが、成長力に期待するのは大変酷です。今まで赤字経営を続けてきた実績から安定株として評価するのも難しく、配当金も支払っていないのは投資を躊躇する材料になります。

 

主力のSEO業務に関しても同業他社が非常に多く、SEO対策自体将来有望な業務だとは思えないのでビジネスモデルを分析しても高い評価を下すことはできません。

株価も非常に割高で割安性に長けていないため、アウンコンサルティングは財務健全力以外で秀でた特徴が見つからないのが懸念材料になります。

(上記の情報は2014年11月17日に記載しました)


スポンサードリンク