インタースペース (2122)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
・会社名  株式会社インタースペース
(いんたーすぺーす 英称:Interspace Co., Ltd)
・証券コード 2122
・業種     サービス業
・決算    9月
・設立年 1999年11月
・上場年 2006年9月

・1株価格1101円(10/14終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約11万1000円

・予想PER19.11倍、実績PBR2.81倍、実績BPS391.92、予想配当利回り0.45%

管理人評価B

 

【会社紹介】

インタースペースはアフィリエイト広告を提供している会社です。


アフィリエイト広告提供サイトである『アクセストレード』を運営しているインタースペースは、アフィリエイト業界の大手企業として活躍しているのがウリです。

 

winwinのビジネスモデルを生み出したいと考えた河端伸一郎社長は、お互いが利益を出せるアフィリエイトシステムに注目して広告事業を展開することに決めました。

 

結果的にマザーズ上場を遂げるまで成長したインタースペースは成長力に長けた新興企業」として多くの投資家から注目を浴びており、沢山のアフィリエイターに利益を与えています。

 

短期的に儲かるビジネスには手を出さず、「本当に必要とされるビジネスを行なうこと」を心がけてビジネスを展開しているのが良く、winwinの関係を維持したビジネスモデルの構築に力を入れているのがポイントです。

 

高い費用対効果が見込めるアフィリエイトサービスは、今後もweb社会で光り輝く存在としてあり続けるでしょう。

 

アフィリエイトの存在によって「サイト運営で利益を得る」というビジネスモデルが新たに生まれたことに注目しなければいけません。

 

毎月7000万PVを誇る「ママスタジアム」も運営しており、沢山の人が集まる自社メディアを築いて収入を得ているのも良いです。メディア運営事業は不振が続いている状態でしたが、現在は黒字化を達成して「メディア広告売上」が順調に伸びています。

 

【インターネットを活用して利益を得ているインタースペース】

 

インタースペースは誰もが認めるIT企業で、「インターネットを活用して利益を得ている」のが長所になります。

 

今の時代はITだと大多数の人が認めているのが現状です。

 

インターネットビジネスは基本的に「ローコスト、高利益率」が期待できるビジネスモデルになるため、参入する企業が後を絶たない状態です。

その分競争が激化しているのが難点になりますが、インタースペースはアフィリエイト広告で大手企業としての地位を維持しているのが強みです。

 

事業内容も「インターネット」にこだわっており、成果報酬型SEOサービスも提供しています。

検索エンジンの上位表示を成し遂げて利益を得たいと望んでいるアフィリエイターは大変多く、お客様のニーズに答えるために成果報酬型SEOを実施しているのです。

 

サイト運営ビジネスに成功し、アフィリエイト広告で大手としての地位を築いているインタースペースはアジア展開も積極的に行なっています。今後はグローバル企業としての躍進を狙い、利益額を更に高めることが望まれます。

 

【インタースペースの財務分析】

インタースペースは2011年から2013年にかけて黒字経営を維持しています。

2013年通期決算の売上高は151億8200万円、営業利益は5億9200万円、経常利益は5億9700万円で前年度より売上高を伸ばしています。純利益も1億9700万円まで成長しており、良い結果を残すことができました。

 

今期も増益が予測されています。

 

成果型報酬のアフィリエイト広告が好調で、人件費抑制効果も発揮した影響で営業利益が拡大する見込みです。今後はアジア向けビジネスを進展させ、企業価値の増大に努めてほしいところです。

 

財務面も良いです。

自己資本比率は50%。有利子負債額は7200万円です。

 

【インタースペース株に向いている投資スタイル】

 

インタースペースは成長株投資が適しています。

 

純利益はバラつきが生じていますが、売上高は順調に成長し続けている状態です。今後も売上高の持続的成長を維持して事業範囲を拡大していけば株価の向上を狙うこともできます。

 

高利益率を維持できるアフィリエイトビジネスはかなり将来性が高いため、今後もインタースペースは業績を伸ばすと予測しています。

 

成長性は確実に優れているのですが割安性に長けておらず、予想配当利回りも低い現在のインタースペースは「売却益狙いの投資」を行なうのが1番です。

 

アフィリエイトの将来性が高いと評価している人はインタースペース株を保有するのがお勧めです。

(上記の情報は2014年10月14日に記載しました)


スポンサードリンク