オウチーノ (6084)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
・会社名  株式会社オウチーノ
(おうちーの 英称:O-uccino, Inc)
・証券コード 6084
・業種     サービス業
・決算   12月
・設立年 2003年4月
・上場年 2013年12月


・1株価格1411円(4/23終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約14万1100円

・予想PER121.64倍、実績PBR2.03倍、実績BPS695.65、予想配当利回り0%

管理人評価D

【会社紹介】

オウチーノは住宅・不動産情報サイト『O‐uccino』を運営している会社です。


出典 togetter.com

日本のインターネット人口は約9000万人だと言われており、もはや日常生活とインターネットは切り離せない存在になりました。

そんな中、住宅ビジネスでも変革が訪れており、「今までリアルで家を探すのが普通だったが、インターネットを利用して便利に住宅を探したい」というニーズが高まってきたのです。

そのニーズを満たすために存在するのがオウチーノで、オウチーノは新築サイト、中古サイトといった複数サイトを運営してユーザーの皆様に対して「住居を探す利便性」を提供して利益をあげています。

新築マンション、中古一戸建て、中古マンションなどを検索できるオウチーノは2003年に設立された比較的若い会社です。

以前は増収・増益ルートを歩んでいたのですが、現在は赤字を出し、今期も黒字復活が見込めるか否かが問題になっています。

 

【株価は右肩下がりの状態。投資家の期待に応えていないオウチーノ】

オウチーノは2013年12月に上場した会社ですが、上場以降株価は右肩下がりの状態が続いています。


それもそのはず。東証マザーズの成長企業として期待されたオウチーノですが、上場してすぐに赤字決算を出し、今期も微益にとどまる予測を出しているからです。

上場したての株に期待したい要素は成長力以外ないのですが、その成長力が数字という結果で現れていないのは大変な問題です。

投資家からの期待を裏切ってしまったオウチーノ。

期待を裏切った結果は株価という形で反映されており、今後は業績回復を成し遂げて株価高を成し遂げることが重要になります。サイト運営を通じて利益を上げるビジネスモデル自体は悪くないため、オウチーノは経営の立て直しに成功してほしいと望んでいます。

 

【オウチーノの財務分析】

オウチーノは業績が低迷している会社です。

2014年通期決算の売上高は15億3400万円、営業利益は-8400万円、経常利益は-8500万円、純利益は-1億2800万円で散々な結果を残しています。

今期は黒字が予測されています。

サイト広告収入が増加しているのが良く、サイト運営を通じて利益を上げているオウチーノはユーザー数の向上が重要となります。

財務状態は優秀です。

自己資本比率は81.1%。有利子負債額は0です。

 

【オウチーノ株に向いている投資スタイル】

オウチーノは大変厳しい株です。

当初は成長力が期待されていた会社ですが、現在は経営の立て直しが求められています。経営を立て直すのは決して不可能なことではありませんが、成長路線から「経営の立て直し」という目標に変化したのは投資家の期待を裏切る結果だと言っても過言ではないでしょう。

複数サイトを運営して利益を上げている点は大変良いため、今後も長い目で見たら復活の可能性は存在します。

財務状態も良いため、長期投資に向いている実力があるのは魅力です。

(上記の情報は2015年4月25日に記載しました)


スポンサードリンク