サイジニア (6031)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
会社名  サイジニア株式会社
(さいじにあ 英称:Scigineer Inc)
・証券コード 6031

・業種     サービス業
・決算   6月
・設立年 2007
年4月
・上場年 2014年12月


・1株価格7120円(6/4終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約71万2000円

・予想PER1438.78倍、実績PBR16.33倍、実績BPS431.82、予想配当利回り0%

管理人評価B

【会社紹介】

サイジニアはネットマーケティングサービスを提供している会社です。


出典 www.scigineer.co.jp

PER値の高さが目立つサイジニアですが、ここまで人気のある株になっているのは「独自のテクノロジー」を駆使しているからです。

そのテクノロジーは複雑ネットワーク理論に基づくレコメンデーション技術というもので、一見すると何がなんだか分かりません。

簡単に解説するとサイジニアは「検索できない情報を見つける技術」に秀でているのです。

現在のインターネットはグーグルを中心とした検索エンジンが主流となっていますが、検索エンジンは「自分が調べたいものを検索すること」に秀でていますが、偶然何かが見つかる新鮮味が味わえないのが難点です。

検索できない情報はその存在にすら気づかない。

これが現在抱えている検索エンジンの問題でしょう。

この問題を解決するためにサイジニアは、「サイエンスとエンジニアリングで21世紀の課題を解決する」という企業理念を掲げ、ビッグデータ解析に取り組んで「出くわす経験」を人々に提供したいと研究活動を続けているのです。

 

【赤字が続くが将来性は抜群に高いサイジニア】

サイジニアは物凄く高いPER値が気になりますが、こういう株は割安性を無視して考えるのが賢明になります。

現在のパイオニアはバイオベンチャー企業としての立ち位置に近く、今後ビッグデータ解析の技術を発展させてwebの新時代を築くことが期待されている会社です。

人々が本当に求める情報を提供するテクノロジーを活用しているサイジニアは、21世紀を代表するIT企業へとのし上がれる可能性がある会社です。

お気に入りの商品に「出くわす」という新感覚をネットで提供できるサイジニアは、新時代のインターネット環境を提供する可能性があるのが魅力です。

 

【サイジニアの財務分析】

サイジニアは赤字経営を続けている会社です。

2014年通期決算の売上高は5億5500万円、営業利益は-9600万円、経常利益は-9700万円、純利益は-9800万円で赤字幅が前年度より拡大しています。

今期は黒字が予測されています。

赤字脱出が見込まれるサイジニアはようやく株主にとって安心できる結果が手に入ると解釈することができます。ソフトバンクが大株主に名を連ねていることもあり、将来性は非常に高いです。

財務状態は良いです。

自己資本比率は84.5%。有利子負債額は3700万円です。

 

【サイジニア株に向いている投資スタイル】

サイジニアは成長力を期待したい株です。

数字で確かな結果は出ていないのですが、サイジニアは将来の利益に期待して長期保有したい株です。しかし、今は株価が非常に割高で、株価の値動きも激しいことからタイミングを見極めて株を購入しないと多大な含み損を得てしまうでしょう。

投資するタイミングが非常に難しい株になりますが、将来は非常に楽しみな会社です。

(上記の情報は2015年6月5日に記載しました)


スポンサードリンク