トライステージ (2178)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
・会社名  株式会社トライステージ
(とらいすてーじ 英称:Tri-Stage Inc)
・証券コード 2178
・業種     サービス業
・決算   2月
・設立年 2006年3月
・上場年 2008年8月

・1株価格1247円(10/20終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約12万4700円

・予想PER22.59倍、実績PBR1.07倍、実績BPS1163.98、予想配当利回り1.6%

管理人評価B

 

【会社紹介】

トライステージはダイレクトマーケティング支援を行なっている会社です。


テレビ通販を対象として「映像で物を売る力」にこだわっているトライステージは、データ分析を活かした独自の販促活動を行なって利益を得ているのが強みです。

 

「テレビ通販は斜陽だし、今の時代はインターネットだろ!」と述べる人も多いのですが、トライステージは「テレビの通販番組を見てインターネットで商品を検索し、その結果購入に至るケースが多い」と解説しています。

 

お客様企業の広告予算配分を最適化し、同じ広告予算でも売上を伸ばす具体的な提案を心がけることによって「多くの企業から頼れるパートナー」として評価されているのがポイントです。

 

「社員一人ひとりがプロフェッショナルであること」を強く意識しているトライステージは、社員が自分で考えて行動する社風を築いているのが強みです。

 

100年続く会社を目指しており、ダイレクトマーケティングを通じて「日本の発展に貢献する」と述べています。

 

トライステージの発展によって「今よりちょっと心地良い日本になる」と代表取締役会長の丸田 昭雄氏は語っています。

 

この言葉、凄く良い。

 

普通の会社は大言壮語を吐くケースが非常に多いのですが、トライステージのように「ちょっと日本に貢献できる」と控え目に述べる企業は凄く好きです。

 

テレビ通販事業だけにこだわるのは市場のパイという意味で将来性は非常に微妙ですが、トライステージはweb事業も行なっています。

 

強みであるテレビ通販事業の競争優位性を維持し、web販促事業の発展を成し遂げればトライステージは更に企業価値を高めると予測しています。

 

【winwinを実現しているビジネスモデルに強み】

 

トライステージの注目ポイントは「お客様企業に貢献するビジネスモデル」でしょう。

販促活動を通じてお客様企業の売上高拡大に貢献し、自社が利益得るビジネスモデルを築いているトライステージは「お互いに利益額を高めるビジネス」を行なっているのが長所です。

 

スマートフォンの普及によってwebビジネスの発展が予測されていますが、トライステージもこの流れに乗っており、「webマーケットへの進出を中期的戦略」として定めています。

 

今後も成長が予測されるweb分野に進出するのは非常に良く、貪欲に成長を求めるのがトライステージの強みだと評価することができます。

 

また、発展が期待できるアジア諸国のダイレクトマーケティング市場に注目しているトライステージは、市場拡大が狙える新興国にビジネス範囲を広げる予定です。

 

【トライステージの財務分析】

トライステージは2012年から2014年にかけて黒字経営を維持しています。

 

2014年通期決算の売上高は360億2300万円、営業利益は7億7500万円、経常利益は7億7700万円で前年度より経常利益が向上しています。純利益も3億7400万円に増加しており、成長企業らしい結果を残しました。

 

来期も増益が予測されています。

 

不採算取引先を見直し、効率経営を促進しているのが良いです。不採算取引を解消することによって更に利益額を高めることが予測されています。

 

財務状態も良いです。

 

自己資本比率は67.8%。有利子負債額は5億9100万円です。

 

【トライステージ株に向いている投資スタイル】

トライステージは幅広い戦略を選択することができます。

 

今後の成長性に期待して長期投資を行なっても良いですし、100株だけ株を保有して配当金とクオカードを受け取る戦略を採用することもできます。テレビ通販の拡販を狙うビジネスモデルは悪くなく、web事業の発展も意識すれば今以上に強い会社になる可能性があります。

 

割安性には長けていませんが、株主優待も含めた総合利回りは3.2%になるため、悪くない数字です。

 

インカムゲインを狙って良し、キャピタルゲインを狙っても良しのトライステージはなかなかの優良株だと評価することができます。

【トライステージの株主優待】

 

2月、8月の権利確定日にトライステージ株を100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。(年2回)

・100株以上保有で1000円相当のクオカード

・500株以上保有で5000円相当のクオカード

 

(上記の情報は2014年10月21日に記載しました)


スポンサードリンク