見栄を張らないと投資資金は貯まる

LINEで送る
Pocket

株式投資で儲けたければ最初は投資資金を貯めなくてはいけません。

ある程度の資金を保有している状態で株式投資を始める人もいますが、1万円の投資資金で株式投資を始める人もいらっしゃいます。

私の場合、最初の投資資金は40万円でした。

500円玉貯金をこつこつ続けて貯まったお金がちょうど40万円で、このお金を使って株式投資を始めようと思ったのです。

結果的に40万円の資金が300万円以上に増えたので投資は成功したのですが、1つだけ後悔していることがあります。それは、「もっと投資資金が多ければ……」という後悔でした。

私は初期の投資資金から2年間で8倍以上お金を増やした計算になります。

もし投資資金が100万円だったら2年後は800万円になっていましたし、最初から1000万円の投資資金があったら8000万円の大金を手にすることができた計算になります。


私はなるべく早い段階で株式投資で儲けるコツを掴むことができたのですが、少額資金で株式投資を始めたのが「儲けるコツを掴めた最大の理由」になります。そのため、最初は投資資金が10000円でも良いのですが、儲けるコツを掴んだら投資資金が絶対的に重要であることに気づきます。

そこで重要になるのは思考を転換することです。

いかに効率良くお金を貯めるか?ということを意識しなければいけません。

これは私が多くの人を分析して分かった事実ですが、大抵の人々は意味のないことにお金を使う傾向があります。

アルバイト代を全額洋服や飲み会に使用したり、欲しいDVDやゲームソフトの購入代金に利用したり、「将来のためにならないお金の使い方」をする人が大変多かったのです。

特に多いのは「見栄を張ってお金を使う」という人々です。

モテたいという理由で高級なブランド服を買ったり、友達に良く思われたくて自分から率先して飲み代を奢ったり……、こんなことをしていると投資資金は貯まるわけがないのです。

誤解がないように言っておきますが、私は「飲み代を奢ったり洋服を買ったりするのが悪い」と言いたいわけではありません。ただ、本気でお金持ちになりたいのであればお金の優先順位を決める必要がある、ということを伝えたいのです。

あなたの1番大切な目標は何でしょうか? 

友達に好かれることでしょうか? 

ファッションスキルを高めることでしょうか?

それとも、「株式投資を通じてお金持ちになりたい」というのが1番の目標でしょうか?

もし、株式投資で本気で儲けたいのであれば、投資金額を増やすことから始めてください。難しいことを主張するつもりはありません。ただ、「見栄を張らないでお金を使うことを心がける」という誰にでもできる基本を大切にして欲しいのです。

特に収入が少なく、何の資産も持っていない状態だと見栄を張ること自体が無駄になります。

いくら友達に飲み代を奢っても、ブランド物の洋服を着飾っても、自分自身が心の底から満足できる状態じゃないと浪費に終わってしまうのです。見栄を張る目的でお金を使うのが明るい未来に繫がるのであれば別です。

例えば私の知り合いでアパレルショップを経営している人がいるのですが、その人は外車に乗り、高価な貴金属を身につけて別会社に商談しに行くことがよくあります。

なぜそういうことをしているのか理由を聞いてみると、「お金を持っていることをアピールしないと商談が成立しないから」と述べてくれました。

つまり、外見でお金があることを主張して商談に繋げていくのです。

これも見栄を張っているのと同じですが、ビジネス的に効果がある見栄の張り方です。しかし、利益関係なく「ただ自分が格好良く思われたい」という理由でお金を使うくらいなら、株式投資の資金を貯めた方が将来の展望は明るくなることを強く意識してください。

お金が貯まらない大抵の人間は必要のないことにお金を使います。

逆に言えば本当に必要なとき以外お金を使わず、効率的に資金を運用する考え方が身につけば投資資金は勝手に増えていくのです。


スポンサードリンク