株式投資に失敗すると借金を背負う?

LINEで送る
Pocket

これは条件つきでは本当の話になりますが、株式投資に対する大いなる誤解を抱いている人もいらっしゃいます。

自分のお金を使用して株式投資を始める場合、借金を背負うことは絶対にありません!

例え投資先の会社が倒産しても、不祥事を起こしても、上場廃止になっても、投資先の会社が近隣住民から訴訟を起こされても株主が借金を背負うことは絶対にないのです!

しかし、世間のイメージでは「株で失敗すると借金を抱えることになる」という印象が強い傾向があります。

これは信用取引が原因になっているのです。

信用取引という単語の意味が分からない方は安心してください。信用取引の制度について知らない間は株式投資で借金を背負うことは絶対にないからです。

信用取引について簡単に解説すると、証券会社からお金を借りて株式投資をするという方法です。

確かに借金をして株を購入すれば、株式投資に失敗したときに借金を背負う可能性はあるのです。しかし、逆に言えば信用取引に手を出さなければ借金を抱えることはありません。

株式投資の失敗=破産という図式を頭の中に浮かべる方も多いのですが、この図式は簡単に当てはまらないことを理解する必要があります。


自分のお金で株を購入していれば何も問題はありません。株式投資の一番の損害は会社が倒産し、保有している株の価値がゼロになることですが、逆に言えばそれ以上の損失はないのです。

自分の資金を使用して株式投資に失敗しても借金を抱えるリスクはない。このことをしっかり理解すれば精神的にも楽になるのです。


スポンサードリンク