個人投資家は株式投資で勝てない?

LINEで送る
Pocket

個人投資家は株式投資で勝てないという意見がありますが、これは誤りです。


確かに、統計上のデータを参照すると9割の個人投資家が株式投資で負けています。しかし、逆に言えば1割の個人投資家は株式投資で儲けているのです。

なぜ、9割の個人投資家は株式投資で勝てないのでしょうか?

それは正しい方法を実践していないからです。ダイエットで例えると分かりやすいのですが、無茶苦茶な方法で体重を減らそうとしても上手くいきません。間違った手段でダイエットに励んでもリバウンドを繰り返すことになるので無意味です。

しかし、正しい方法でダイエットに取り組めばリバウンドなしで体重を減らすことができます。株式投資も同じで、「正しい方法を実践していないから株式投資で負ける」のです。この事実をしっかりと認識しなくてはいけません。

つまり、9割の個人投資家が負けるのは「正しい方法を実践していなかった」からです。もしくは正しい方法を実践していても、儲けるまで株式投資を続けることができなかったというのが敗因になります。

では、正しい方法とはどのような手段でしょうか?

この手段には賛否両論がありますが、私の考える株式投資の正しい勝ち方は、「時間をかけて株式投資で儲ける」という方法になります。つまり、短期売買で儲けようとするのではなく、時間を味方につける長期投資で勝つのが1番になるのです。

個人投資家でも短期売買で儲けることができます。確かに儲けることはできるのですが、ほとんどの場合負けてしまいます。

デイトレードやスイングトレードで儲けようとするのは「プロと同じ土台で戦う」ということになります。初心者がプロと戦っても勝てるわけがありません。しかし、時間をかけて株式投資で儲けるという戦略を採用すれば、個人投資家でも十分儲けることができるのです。

つまり、正しい戦略を採用すれば個人投資家でも株式投資で勝つことができます。資本力は関係ありません。確かに投資金額が多ければ多いほど有利に働きますが、「安いときに買って高いときに売る」という原則を守れば誰でも儲けることができます。

株式投資で儲けるための基本原則は案外単純です。

とてもシンプルで分かりやすいのですが、多くの投資家は基本を守っていません。スポーツでも基本が1番重要になるのですが、株式投資というジャンルは「基本をおろそかにする」人が多いのです。

これは株式投資に対するイメージが関係しているのかもしれません。

株式投資はすぐに儲けられるというイメージを抱いている方が多いのです。確かにその考えは間違いではありませんが、デイトレードでないと迅速に利益を出すことはできません。デイトレードで儲けるのは物凄く難易度が高いので、初心者の方がデイトレードを始めても長い目で見たら負けてしまうのです。

逆に言えば、自ら積極的に株式投資の知識を得て、正しい方法を実践するためのマインドを身につければ個人投資家でも株式投資で勝つことができます。9割の個人投資家が負けているのであれば、自分は残りの1割になれば良いのです。

株式投資で勝つのは基本さえ守れば難しくないので、その点は安心してください。


スポンサードリンク