運が良ければ株式投資で勝てる?

LINEで送る
Pocket

はい、運が良ければ株式投資で勝つことは可能です。


しかし、「運だけに頼った株式投資」を続けるのは絶対に止めてください。運だけで勝つことも可能ですが、株式投資の勝率を高めることはできません。株式投資は儲け続けることが重要になるのですが、運任せの株取引を繰り返してもただのギャンブルにしかならないのです。

当サイトで私は色々と偉そうなことを書いていますが、正直なことを言うと株式投資を始めたばかりの頃は運任せで株を買っていました。

当時の株の分析方法はとてもひどく、とりあえず黒字になっている企業を選んで株を買っていました。そして配当利回りが高ければ高いほど良いと考え、大した分析もしないので株を買っていたのです。

しかし、結果的に株式投資で勝つことができました。

はっきり言いますが、分析能力がない初心者が株式投資で勝てるのは運が良かったからです。私は日経平均株価が9000円の時期に株式投資を始めたので、個別銘柄をしっかり分析しなくても勝つことができたのです。

自分では分析しているつもりになっていたのですが、途方もない勘違いであったことを今は深く痛感しています。四季報の見方もよく分からなかったため、株式投資で儲けることができたのも株を買った時期が良かったからです。

【運だけで株式投資を続けてもいずれ負ける】

運任せで株式投資を続けても意味はありません。

そもそも運に頼るという時点で投資には向いていないのです。

株式投資というものは個別企業の分析も楽しまなくてはいけません。数字を通じて企業の内情を理解し、投資先として秀でているのか分析するのが楽しいのです。運任せで株式投資をしている方は「株を分析する」という楽しみを捨てていることになります。

運に頼っても安定した利益を得ることはできません。株式投資で勝ち続けたければ、勝つための理論を構築しなければいけないのです。

短期間であれば運任せで株を買っても十分儲けることができます。

しかし、長期間利益を上げ続けたいのであれば儲けるための戦略と勝つためのマインドを身につけなくてはいけないのです。このどちらかが欠けてしまうと株式投資で勝ち続けるのは不可能になります。

また、運だけで株式投資で勝とうとすると自分を成長させることはできません。相場観を養うことはできますが、経験則だけで株式投資で勝っても面白くないのです。経験則は重要ですが、経験していない状況が発生したときに上手く対処することができなくなります。

よく、直感だけで投資先の株を決めている人もいますが、そういう人も運に頼っているだけです。「勝率100%です!」と豪語していたとしても、直感頼りの株式投資にはいずれ限界が訪れます。直感がいつまでも当たるわけがないのです。

株式投資で勝ちたければ運に頼らないことを意識して、自分で「株式投資で勝つための戦略」を築き上げていきましょう。


スポンサードリンク