上手くいかない時期

LINEで送る
Pocket

人生では上手くいかない時期が多々訪れますが、それは株式投資においても同じことがいえます。

上手くいく時期がずっと続くとは限りません。株式投資は冬のように何も収穫が得られない時期が存在するのです。

上手くいかない時期はどう過ごしたら良いのでしょうか?

これは人によってやり方が異なります。上手くいかない時期を打破するために積極的に動き、株で儲けるためのチャンスを掴む人もいらっしゃいます。しかし、全く動かないというのも手の一つなのです。初心者の方は後者を選択すると良いでしょう。

何も上手くいかない時期に無理やり行動しても、資産を減らしてしまう可能性が高いからです。

何も上手くいかない時期というのは、自分だけが悪いのではなく時流も関係しています。例えば、相場の流れが悪いのに株で大きく儲けようとするのは非常に厳しいのです。信用取引を行なって空売りするという方法もありますが、やはり初心者の方にはお勧めできません。

世間の流れと上手くいかない時期は比例しているのです


世の中全体が不況になってしまうと、自分の持ち株も含み損を抱えてしまう状況が多くなります。しかし、それ自体は悪いことではありません。良いときもあれば悪いときもあるというのが株式投資の常なので、悪い状況を気にしすぎてしまうと何も行動できないからです。

上手くいかない時期が訪れたら、自分なりに対処するのがお勧めです。それは何もしないという選択であっても問題はありません。大切なのは最終的に良い結果を出すことであり、今結果が出なくても落ち込む必要はないのです。


スポンサードリンク