ビューティガレージ (3180)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
・会社名  株式会社ビューティガレージ
(びゅーてぃがれーじ 英称:BEAUTY GARAGE Inc)
・証券コード 3180
・業種     卸売業
・決算   4月
・設立年 2003年4月
・上場年 2013年2月

・1株価格5360円(3/25終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約53万6000円

・予想PER29.05倍、実績PBR4.67倍、実績BPS1148.15、予想配当利回り0.34%

管理人評価B

【会社紹介】

ビューティガレージは理美容機器や業務用化粧品を販売する専門商社です。


出典 case.dreamgate.gr.jp

理美容機器のインターネット販売事業からスタートしたビューティガレージは、サロン開業における初期コストを大きく減らして業績拡大を成し遂げました。現在は60万超を超えるアイテムを扱う日本最大級のプロ向けオンラインショップへと成長を遂げることができました。

「美容業界に新しい価値を創造し、サロンビジネスの繁栄に貢献する」という使命を抱き、現場の人たちのことをしっかり考えてビジネスに取り組み続けることを狙っています。

「美容業界を変える」という経営理念は少し大げさかもしれませんが、マザーズ上場企業はこれくらいの意気込みがあった方が投資家として嬉しいものです。会員数が22万人を超える美容業界最大級のインターネットサイトである「BEAUTY GARAGE Online Shop」はビューティガレージの利益を支える重要資源です。

全13のWEBサイトでビューティサロンに関する経営支援を行っており、サロン経営に興味がある人のニーズを満たしているのが長所です。

美容業に従事する人々を応援し、支援し続けるビューティガレージは今後の成長に期待したい会社です。

 

【美容業界を変えるために本気で取り組むビューティガレージ】

ビューティガレージは美容業界を変えることを本気で望んでいます。

美容業界に従事する人の役に立ち、理想のサロン創りのために積極的に支援するビューティガレージはサロンスタッフを紹介したり教育サービスを提供したりと、美容業界を変えるために奮闘しています。

ビューティガレージはITと直販というビジネスモデルを築いているのですが、このビジネスは既得権益者が力を持つ美容業界内では快く思わない人も存在したのです。

設立以来様々な困難に晒されたビューティガレージは、完全報酬型求人サイトも展開して更に業績を伸ばす見込みです。

美容業界に新しい価値を提供するという姿勢はとても良く、企業価値の大幅な向上を目指しています。純資産や売上高を伸ばし続けているビューティガレージは成長力に期待したい会社です。

 

【ビューティガレージの財務分析】

ビューティガレージは着実な成長を遂げています。

2014年通期決算の売上高は64億5700万円、営業利益は3億300万円、経常利益は2億9500万円、純利益は1億7200万円で売上高は伸びているものの減収・減益となっています。

来期は増益が予測されています。

新規会員数が増加し続けており、購買率も向上してサロン向け機器や消耗品も売上が好調です。スマホ専用サイトを大幅改良したのも良く、業界再編のために今後も頑張って欲しいところです。

財務状態はそこそこです。

自己資本比率は50.5%。有利子負債額は2億300万円です。

 

【ビューティガレージ株に向いている投資スタイル】

ビューティガレージは成長性に期待したい株です。

成長企業でありながら配当金を支払っており、業績も好調なビューティガレージは長期投資を通じて将来の発展を応援したい株になります。予想配当利回りはあまり高くないので過度な期待を抱くのは禁物ですが、長期的に見て売却益を狙っていきたい株になります。

割安性は全くないのですが、ビューティガレージが抱いているビジョンや売上高の持続的成長を果たしている点などは高く評価することができます。

(上記の情報は2015年3月25日に記載しました)


スポンサードリンク