ホットランド (3196)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
・会社名  株式会社ホットランド
(ほっとらんど 英称:HotLand corporation
・証券コード 3196
・業種     小売業
・決算   12

・設立年 1991
年6月
・上場年 2014年9月


・1株価3995円(6/9終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約39万9500円

・予想PER36.22倍、実績PBR9.68倍、実績BPS412.88、予想配当利回0%

管理人評価B

【会社紹介】

ホットランドはたこ焼き屋の『築地銀だこ』を展開している会社です。


出典 matome.naver.jp

築地銀だこは「銀だこ」というとても美味しいたこ焼きを提供している店で、ホットランドは築地銀だこの直営店などを運営して利益を得ているのです。

「たこ焼きより銀だこ。たこ焼きなら銀だこ」をキャッチコピーに、銀だこというブランドを活かして増益ペースを守っているのが長所です。ただのたこ焼きから銀だこというブランドを作り上げたのがホットランドの凄い所でしょう。

築地銀だこがホットランドの主力店舗になっていますが、たい焼きを提供する『銀のあん』も運営しています。

銀のあんは高温でたい焼きの両面を一気に焼きあげるのが特徴で、薄皮たい焼きがお客様の人気を集めています。期間限定のたい焼きも取り揃えている銀のあんは季節需要を活かしたビジネスを展開していると分析することができます。

銀だこだけに依存していないビジネスを行っているので、「多角的に売上を確保している」と評価することができます。しかし、銀だこがホットランドの強みであることは間違いないので、今まで以上に築地銀だこのブランド力を向上することが望まれます。

 

【海外展開開始! 日本の食文化を海外に披露するホットランド】

ホットランドは成長意欲旺盛な会社で、海外展開を成功させて更に利益額を高めたいと望んでいます。

既に韓国や中国、香港などで海外店舗を展開しており、タコが苦手ではない人々に対して銀だこを提供していることが分かります。

タコは欧州では忌み嫌われる存在になっているため、欧州各国で出店するのは厳しいということが予測できますが、タコに不快感を抱かないアジア地域では築地銀だこは十分受け入れられるでしょう。


出典 toyojun.com

しかし、逆に言えば「海外出店がアジア地域に限られる」というリスクも備えた諸刃の剣であり、現にホットランドはほとんどアジア地域で海外出店を成し遂げています。

挑戦と失敗を繰り返して成長を続けてきたホットランドは、「失敗することを恐れない会社」です。

無理だと思われている価値観をぶっ壊して欲しい。欧米で忌み嫌われているタコという存在を「食材」にし、欧米諸国の人々に銀だこを販売することができれば業績成長は間違いないでしょう。

失敗を恐れずに欧米に築地銀だこをオープンさせるか。抱き続けてきた固定観念、価値観をぶち壊すことができるのか。ホットランドが本当に挑戦的な経営を行うことができるのか。そこが投資家にとって一番注目したいポイントです。

 

【ホットランドの財務分析】

ホットランドは売上高を上げ続けている会社です。

2014年通期決算の売上高は273億8800万円、営業利益は17億8300万円、経常利益は20億5200万円、純利益は9億4200万円で増収・増益を遂げています。

今期も売上高の向上が予測されています。

店舗数は順調に増加しており、主力の銀だこはネット販売などが好調で売上を伸ばす見込みです。円安によって食材高が発生しているのが痛手ですが、それでも成長ペースを維持することができるか見ものです。

財務状態は良くないです。

自己資本比率は24.7%。有利子負債額は62億6600万円です。

 

【ホットランド株に向いている投資スタイル】

ホットランドは成長株投資が適しています。

為替の影響を受けやすく、銀だこの出店がメインのホットランドは色々と弱点が残る会社です。タコという他国から嫌われやすい食材を利用して欧州出店を遂げることができるのか、そこが一番気になるところです。

配当金は支払っていませんが、株主優待はプレゼントしているのがホットランド株の魅力です。

株主優待が貰えるので会社の成長を願いながら、銀だこを無料で食べるというのも乙なものでしょう。配当金は支払っていなくても株主優待制度が存在するのはホットランドが「株主心が分かっている会社」だと判断できる要素になります。

 

【ホットランドの株主優待】

6月、12月の権利確定日にホットランド株を100株以上保有していると以下の株主優待券を受け取ることが可能です。

・100株以上保有で1000円相当の株主優待券

・500株以上保有で5000円相当の株主優待券

・10000株以上保有で10000円相当の株主優待券

(上記の情報は2015年6月9日に記載しました)


スポンサードリンク