アーキテクツ・スタジオ・ジャパン (6085)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
・会社名  株式会社アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
(あーきてくつ・すたじお・じゃぱん 英称:ARCHITECTS STUDIO JAPAN INC)
・証券コード 6085
・業種     サービス業
・決算   3月
・設立年 2007年11月
・上場年 2013年12月


・1株価格3000円(4/24終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約30万円

・予想PER39.32倍、実績PBR3.46倍、実績BPS866.21、予想配当利回り0%

管理人評価C

【会社紹介】


アーキテクツ・スタジオ・ジャパンは登録建築家と加盟建設会社をネットワーク化している会社です。


出典 architectstrace.wordpress.com

家を新築するときに「建築家に設計を依頼したい」というニーズは確実に存在し、お金がかかる新築だからこそ優れた建築家に設計を頼みたいと考える人が多いのです。

それに従い、様々な建築家を紹介する会社が誕生したのですが、アーキテクツ・スタジオ・ジャパンは工務店、建築会社に焦点を当ててビジネスを展開しています。

建築家だけではなく、工務店、建築会社を選ぶことができるアーキテクツ・スタジオ・ジャパンはお客様に対して「情報の選択肢」を提供していると捉えることができます。

建築家と協力して生み出される自由度の高い家造りや、安定的に収益が出せるマンションの建築など、様々なニーズに合った要望に応えることができるのがアーキテクツ・スタジオ・ジャパンの強みになります。

 

【自分に合った建築家と出会えるアーキテクツ・スタジオ・ジャパン】

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンのシステムで優れている点はとても単純であり、「自分に合った建築家と出会える」という特徴がとても秀でています。

「優秀な建築家に依頼すれば理想の家造りが実現できる」と考えている人もいらっしゃいますが、それは違います。

どの業界でも同じことが言えますが、大切なのは自分と相性が良い人を探すことではないでしょうか。

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンが売上高を高め続けているのも「登録されている沢山の建築家から、自分と合った建築家を選択できる」という特徴があるからです。

ユーザーにとって幅広く選択できるのがアーキテクツ・スタジオ・ジャパンの武器です。この特徴を守り続け、ユーザーニーズを意識した経営を実行し続ければアーキテクツ・スタジオ・ジャパンは今後も好業績を維持することが可能でしょう。

 

【アーキテクツ・スタジオ・ジャパンの財務分析】

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンは増収・増益を遂げています。

2014年通期決算の売上高は15億8200万円、営業利益は2億7200万円、経常利益は2億5400万円、純利益も1億4100万円でとても良い結果を残しています。

今期は減益が予測されています。

拠点拡充の先行費用が重く、営業利益が減益となる見込みです。しかしながらこれは先行投資に該当するため、将来大きな発展を遂げたければ仕方ない減益だと解釈することが可能です。

財務状態は優秀です。

自己資本比率は83.6%。有利子負債額は2000万円です。

 

【アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株に向いている投資スタイル】

アーキテクツ・スタジオ・ジャパンは成長性に期待する投資が適しています。

好みの建築家を選べるというサービスは非常に面白く、今後も業績拡大が予測できるのが高ポイントです。更に財務状態もとても良く、自己資本比率が高いので長期投資に向いているのも良いです。

今後発展するまで時間がかかることが予測できますが、長期保有するのに面白い株であることは間違いありません。

(上記の情報は2015年4月27日に記載しました)


スポンサードリンク