アスカネット (2438)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
・会社名  株式会社アスカネット
(あすかねっと 英称:Asukanet Company, Limited)
・証券コード 2438
・業種     サービス業
・決算   4月
・設立年 1995年7月
・上場年 2005年4月

・1株価格2753円(11/14終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約27万5300円

・予想PER111.91倍、実績PBR12.52倍、実績BPS219.88、予想配当利回り0.29%

管理人評価C

 

【会社紹介】

アスカネットは個人向け写真集やデジタル写真加工サービスなどを提供している会社です。


出典 www.craftmakerpro.com

お客様から「涙がでるほど感動した」と言われるアスカネットは、写真の力を存分に活かした経営を行ってお客様の感動を実現しているのが強みです。

 

魅力のある写真や映像表現を提案し、常に最高のクオリティを求め続けるアスカネットは「品質重視主義」を貫く会社として評価することが可能です。写真に「感動」という付加価値をつけるビジネスを行うアスカネットは、独自の強みを発揮して黒字経営を維持する優秀企業です。

 

写真集や遺影写真をカスタマイズするのが得意で、1つ1つの写真集をカスタマイズすることによって顧客満足度を高める戦略を実施しています。

 

アスカネットはカスタマイズすることを「めんどうくさい」と述べていますが、めんどうくさい仕事をしっかり成し遂げてお客様に良質な写真をお届けしているのは非常に評価が高いです。

 

個人的にめんどうくさいビジネスは最強だと思っており、「めんどうくさいから同業他社が参入しない」という評価に繋げることも可能になります。アスカネットが写真のカスタマイズというめんどうくさい行為に手を染めているのは「究極の顧客満足度」を重視しているからです。

 

私はアスカネットのように顧客満足度重視の経営を行っている会社は本当に好きで、こういう会社が社会に必要な存在なのだと考えています。

 

アスカネットが安定経営を実現しているのも偶然ではなく、「お客様を大切にする姿勢」を徹底的に重視しているから多くの人から支えられているということを意識しなければいけません。

 

アスカネットは個人的に本当に優秀な会社だと思っており、お客様を大切にする精神は多くの企業が見習いたい要素になります。

 

【ストック型ビジネスと市場創造ビジネスを手がけているアスカネット】

アスカネットは攻守のバランスが整っている優秀企業です。

メモリアルデザインサービス事業では遺影写真のデジタル加工サービスなどを提供しており、葬儀社だけを取引先に絞ってビジネスを展開しているのが特徴になります。


出典 www.gettyimages.com

全国の葬儀社とネットワークを結び、年間約29万人の葬儀用写真を加工するストック型ビジネスを実現しています。

 

契約を積み重ねるごとに実績が積み上がっていくというビジネスモデルの特徴が良く、メモリアルデザインサービス事業はアスカネットの安定経営を支える主力ビジネスとして活躍しています。

 

高い技術レベルを維持しているだけではなく、全国で自社サポートを手がけているアスカネットはお客様重視の精神を忘れていません。

 

エアリアルイメージング事業は映像画像の新しい表現方法を模索するビジネスで、「市場を創造すること」を目的にして実践しているのがウリになります。

 

研究開発をしっかり行い、新市場を創造するために日々奮闘しているエアリアルイメージング事業はアスカネットの大きな柱になる可能性が存在します。

ストック型ビジネスと市場創造ビジネスの両立によって「健全経営を保ちながら大躍進を狙っているアスカネット」は、防御力と攻撃力に秀でた会社だと分析することが可能です。

 

【アスカネットの財務分析】

アスカネットは2010年から2014年にかけて黒字経営を維持している安定企業です。

2014年通期決算の売上高は47億6700万円、営業利益は7億1800万円、経常利益は7億2600万円で前年度より売上高や営業利益が増加しています。

 

来期は減益が予測されています。

 

新規開拓を続け、単価UPを成し遂げているアスカネットは非常に優れた経営戦略を実践していますが、決算を分析するとそこまで成長力に長けているわけではありません。新規事業の広告費が増えた影響により減益になる見込みです。

 

財務状態は超優秀です。

自己資本比率は84.5%。有利子負債額はゼロです。

 

【アスカネット株に向いている投資スタイル】

アスカネットは様々な戦略が通用します。

 

会社として評価するとアスカネットは相当優秀な会社に部類されるのですが、株として評価すると色々と微妙です。

 

PERとPBRはさすがに高すぎであり、現在のアスカネットは完全な割高株です。割高でも成長力が期待できれば問題ないのですが、決算内容を分析するとアスカネットは成長株というよりも「安定株」という評価がふさわしいです。

 

持続的成長を遂げていないのが問題で、割高過ぎる株価がアスカネットの株の価値を落としています。

 

予想配当利回りも0.29%と低く、資産株として運用するのもかなり力不足です。

 

多額のインカムゲインに期待することはできないため、アスカネットは売却益狙いの投資を実行するのがお勧めです。財務状態が優秀で黒字経営の維持力に秀でているのは本当に素晴らしいのですが、株としての実力はかなり微妙です。

 

【アスカネットの株主優待】

4月の権利確定日にアスカネットを100株以上保有していると以下の株主優待を受け取ることができます。

・100株以上保有で、自社サービス割引利用券1枚((1)1000円割引、(2)2000円割引)

・400株以上保有で、自社サービス割引利用券2枚((1)1000円割引、(2)2000円割引)

・2000株以上保有で、自社サービス割引利用券3枚((1)1000円割引、(2)2000円割引)

参照URL http://www.asukanet.co.jp/main/ir/haito.html

 

(上記の情報は2014年11月16日に記載しました)


スポンサードリンク