N・フィールド (6077)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
・会社名  株式会社N・フィールド
(えぬ・ふぃーるど 英称:N・FIELD Co.,Ltd)
・証券コード 6077
・業種     サービス業
・決算   12月
・設立年 2003年2月
・上場年 2013年8月


・1株価格1659円(3/31終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約16万5900円

・予想PER70.6倍、実績PBR15.12倍、実績BPS109.72、予想配当利回り0.3%

管理人評価C

【会社紹介】

N・フィールドは精神疾患の患者に特化した訪問看護事業を展開している会社です。


出典 www.seaburylife.org

居宅サービス事業者として活躍しており、精神科訪問看護の提供を通じて利益を上げています。現在、多くの地域で訪問看護を待つ障害者の方が存在しており、N・フィールドは障害を持つ人や高齢者の方に対して高品質なサービスを提供することに強みを抱いています。

「地域のメディカル・ライフサポーター」として活躍することを望んでおり、安心して利用できる訪問介護サービスを提供することに力を注いでいます。

障害を持つ方の支えになり、社会機能の改善を目指すことを目的としています。身体の不自由な方が社会的支援を求めているのは昔も今も変わらず、社会的に貢献できるビジネスを行っているN・フィールドは永続的ニーズが存在するビジネスを実践しているのです。

「今日を生きて明日希望が生まれる人生」を実現するためにN・フィールドは存在していると言えるでしょう。利用者の方から信頼されるサービスを提供するために日々奮闘しているのがN・フィールドという会社です。

 

【精神科介護に特化しているのが強みのN・フィールド】

N・フィールドは精神科介護に特化しています。

訪問介護を行っている会社はとても多いのですが、その中でも精神科介護に特化しているのは非常に珍しいケースではないでしょうか。精神科介護に特化しているという特徴があるN・フィールドは、専門性が高いビジネスを通じて利益を上げているのが注目点です。

専門性が高いビジネスや他社の参入障壁が高いビジネスは1度上手くいくと長い間利益を得やすいのがメリットです。

精神科介護は決して楽な仕事ではなく、ある程度の専門知識も必要になることから「精神科介護に特化しているという特徴」はとても良いと言えるでしょう。

また、精神科介護に特化した会社で唯一全国展開しているのがN・フィールドで、全国レベルで役立つビジネスを行っています。

 

【N・フィールドの財務分析】

N・フィールドは赤字経営から脱した会社です。

2014年通期決算の売上高は30億2300万円、営業利益は4億5900万円、経常利益は4億4300万円、純利益は2億3100万円で売上高は持続的に伸びている状態です。

来期も増益が予測されています。

訪問看護業務は拠点数を拡大した影響により利用者数が右肩上がりで伸びています。連続増益を成し遂げているN・フィールドは今後配当金を通じて株主還元を行う予定です。

財務状態はそこそこです。

自己資本比率は65.6%。有利子負債額は2億7100万円です。

 

【N・フィールド株に向いている投資スタイル】

N・フィールドは将来性に期待したい株です。

専門力に長けており、売上高も伸ばし続けているN・フィールドは今後の成長力に期待が持てる成長企業でしょう。一時期は赤字額を増やし続けているどうしようもない状態が続いていましたが、現在は業績を見事に建てなおしています。

配当金も支払う見込みであることから、今後はインカムゲインを狙っていくことが可能です。更に言えば財務状態も決して悪くないので長い目で見て利益を上げていきたい株になります。

(上記の情報は2015年4月1日に記載しました)


スポンサードリンク