ディー・ディー・エス (3782)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
・会社名  株式会社ディー・ディー・エス
(でぃー・でぃー・えす 英称:DDS, Inc)
・証券コード 3778
・業種     情報・通信業
・決算   12月
・設立年 1998年1月
・上場年 2005年11月

・1株価格760円(3/13終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約7万6000円

・予想PER143.4倍、実績PBR16.34倍、実績BPS46.52、予想配当利回り0%

管理人評価D

【会社紹介】

ディー・ディー・エスは指紋認証ソフトや装置を開発している会社です。


出典 itlifehack.jp

指紋認証ベンチャー企業として上場しているディー・ディー・エスは、独自の技術力を活かした商品開発を継続して黒字転換しようと目論んでいます。

指紋認証ビジネスは非常にニッチのように感じますが、サムソンやギャラクシーなどで指紋認証スマホが登場した影響で生体認証技術の世界的普及を目前とした状態まで迫っています。

指紋認証システムが一般的になると、普段パスワードとして利用しているシステムが指紋だけで済むことができるようになるため、セキュリティが強化されて楽に本人確認を行うことが可能になります。

現在のディー・ディー・エスは赤字経営を続けていますが、ディー・ディー・エスの行っているビジネスは間違いなく社会の役に立つ仕事です。

指紋認証システムが当たり前になれば面倒なパスワードを生体認証で済ますことができますし、より安心で安全な社会を築くことが可能になります。

人々の面倒な時間を減らすという意味でディー・ディー・エスのビジネスは非常に役立つものであり、今後は企業規模を拡大して世界を代表する企業に成り上がって欲しいところです。

 

【クオリティが高いディー・ディー・エスの指紋認証技術】

指紋認証システムを研究している会社は他にも存在するのですが、ディー・ディー・エスは指紋認証技術がとても高いのです。具体的なデータを挙げると累積ユーザー25万人以上が指紋認証を利用した結果、100%の登録成功率を達成したのです。

ディー・ディー・エスの指紋認証技術を高く評価している会社もとても多く、自社ホームページでは導入事例が語られています。

カブドットコム証券は指紋認証システムを導入していたのですが、ディー・ディー・エスの指紋認証システムを利用したことによって社員の指紋登録作業をスムーズに進めることができたと述べています。

今後も実績数を増やし、自分達の技術を売り込んでいけばディー・ディー・エスは今以上の発展が期待できます。

 

【ディー・ディー・エスの財務分析】

ディー・ディー・エスは経営不振が続いている状態です。

平成26年12月期の通期決算の売上高は6億1100万円、営業利益は-3億3900万円、経常利益は-1億9200万円で営業利益の赤字拡大となっています。純利益は-1億円で利益額での赤字幅は減少しています。

来期は黒字が予測されています。

指紋認証ソフトや装置がマイナンバー制度需要を受けて受注が堅調な状態です。エンジニアや営業員を増やした影響によって人件費が膨らんでいるのが難点です。

財務状態は良く、自己資本比率は69.7%です。

 

【ディー・ディー・エス株に向いている投資スタイル】

ディー・ディー・エスは成長株投資が向いています。

行っているビジネスは非常に将来性が高く、指紋認証システムが広がればディー・ディー・エスの活躍の場も増えていきます。しかしながら決算は未だに芳しくなく、バイオベンチャー企業と同じような立ち位置だと評価して株を購入するのがお勧めです。

決算が悪く、株価も割高であるためディー・ディー・エスは儲けるのが難しい株になります。

しかし、将来性に関しては抜群に高いので成長力を好む人はディー・ディー・エス株が向いています。

(上記の情報は2015年3月14日に記載しました)


スポンサードリンク