夢展望 (3185)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
・会社名  夢展望株式会社
(ゆめてんぼう 英称:Yumetenbo Co.,Ltd)
・証券コード 3185
・業種     小売業
・決算   9月
・設立年 1998年5月
・上場年 2013年7月

・1株価格602円(12/5終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約6万2000円

・予想PER42.25倍、実績PBR3.63倍、実績BPS165.44、予想配当利回り0%

管理人評価D

 

【会社紹介】

夢展望は10代後半から20代前半の女性向けの衣料をネット販売している会社です。


出典 callablog.tumblr.com

「カワイイ、カッコイイ」を創造するために日々業務に励んでいる夢展望はお客様の夢と幸せを実現するために努力し続けているのが長所です。トレンドを追いかけるのはポリシーじゃないと考えているお客様に対し、個性的で挑戦的な商品を販売して多大な支持を得ているのが現在の夢展望です。

 

ファッション業界は流行り廃りが非常に激しいので、スピードが企業の勝敗を決めます。

 

夢展望の素晴らしいところは「企画から販売まで最短3週間で決着をつける」という点でしょう。現在のトレンドに乗り遅れず、ダントツの開発スピードを維持してお客様に先進的な商品をお届けする夢展望は自社の強みが明確になっている会社です。

 

ネット販売という強みを活かしてコストダウンを実現している夢展望は、リアルビジネスにありがちな「コスト問題」を上手くクリアしていると判断することができます。

 

このビジネスモデルは弱点も存在し、「実店舗で服を確認し、購入したい」という客層のニーズを満たすのが難しいのが難点になります。ネット販売に特化しているのはコストダウンという意味で効果的ですが、リアル販売の影響力は無視することはできません。

 

実店舗には実現不可能なコストダウンを成し遂げているという点は高く評価することができますが、影響力という意味で弱点を抱えていると分析しました。

 

【スピード重視! アパレル業界の革命児になるか!?】

夢展望は「今までのアパレルにはできなかったことを現実化すること」に力を注いでいます。

 

サイトや雑誌を通じてお気に入りの服やアイテムを見つけたらすぐにゲットしたい!というニーズに応える準備はできており、スマホやPCを利用して迅速に商品が購入できる体制を整えています。

 

欲しいときにすぐに買える便利さを提供し、他社との差別化に成功している夢展望は今後の発展が楽しみな会社です。

アパレル業界自体は消費税増税や競合他社の激化によって儲けるのが難しいという現状が存在しますが、「どこよりも早く、安く、便利」という特徴を守って躍進を遂げて欲しいと願っています。

 

弱点を挙げるとすれば少子高齢化の影響が気になります。

 

夢展望の想定ユーザーはかなり低めに設定されているため、少子高齢化による人口減が将来的に経営リスクにならないか心配です。

この状況を打破したければ若年層のファッションアイテムにこだわるのではなく、ある程度歳を重ねた人が喜ぶ商品を販売するのが得策になります。

 

【夢展望の財務分析】

夢展望は大幅な赤字を出してしまったのが痛いです。

平成26年9月期の連結業績の売上高は65億3900万円、営業利益は-7億5100万円、経常利益は-7億9000万円で散々な結果を残してしまいました。純利益も-9億800万円で赤字となっています。

 

来期は黒字回復が予測されています。

 

ギャル向けのアイテム通販は競合激化の影響によって想定以下の結果を残してしまいました。広告費や人件費が増大したのも痛手で、早急に黒字回復を成し遂げなければいけません。

 

財務状態は悪いです。

自己資本比率は9.9%です。

 

【夢展望株に向いている投資スタイル】

夢展望は色々と厳しい株です。

赤字転落したのは非常に痛手で、持続的成長を評価できる株ではありません。更に言えばビジネスモデルもかなり厳しく、少子高齢化が進む日本社会に適応しているビジネスなのか疑問を抱きます。

 

ローコストを駆使したビジネスモデルは非常に面白いと思うのですが、アパレル業界で利益を上げ続けるのは非常に厳しいのが現状です。

更に言えば財務状態も悪く、現在の株価もとても割高なので長期投資に向いているとは思えません。

 

株主優待制度も実施されていないので、インカムゲイン狙いの投資は不可能です。夢展望は儲けるのが厳しい株だと分析しました。

 

(上記の情報は2014年12月5日に記載しました)


スポンサードリンク