気持ちを切り替えて株式投資をする

LINEで送る
Pocket

株式投資で勝ち続けたい人は気持ちを切り替えることを意識してください。


負けを悔やまず、慢心しないメンタルを身につけるのが重要になります。株式投資というジャンルは百発百中で勝たなければいけないというルールはありません。負けたときに気持ちを上手く切り替えられる投資家は将来大成する可能性が高いのです。

気持ちを切り替えるのは株式投資で大儲けするために重要になります。

ダメな投資家は1度の負けを引きずる傾向があります。損切りした瞬間に株価が向上し、そのまま株を保有していれば利益を得られたという状況が発生した場合、多くの人は自分の決断に対して後悔します。

反省するのは良いのですが、終わってしまったことを引きずるのは止めた方が良いのです。前向きな発想も思い浮かばなくなりますし、建設的ではありません。

株式投資で儲けるのに重要なのは「次のチャンスで儲ける」という前向きな考えです。1回損をしても次のチャンスを活かすために気持ちを切り替える必要があります。

スポーツでも同じことが言えますが、気持ちを切り替えられる選手は強いです。投資も同じで失敗や成功に引きずられず、前を見据え続けることのできる投資家は結果的に大きなお金を手に入れることができるのです。

【気持ちを切り替えるメリット】

1,株式投資の失敗を引きずらなくてすむ

多くの人々は1度の失敗を悔やみ、自分の能力を疑うようになります。

ネガティブな考えが頭の中を支配すると株式投資を続けるモチベーションも減退します。そもそも株式投資というものは長く続ければ続けるほど多くの利益を得やすいので、1回負けたらすぐに株式投資を止めるのはこれから儲けるチャンスを捨てているようなものです。

失敗を気にしないでください。

失敗は次回の糧になり、最終的な利益に反映されることが多いのです。失敗しないで勝ち続ける投資家ほど長続きしないという意見もあります。なぜなら、負けを知らない投資家は少しずつ取引が大胆になっていくので、1度の失敗が大きな損失になることが多いからです。

2,次のチャンスを考えられるようになる

失敗したときは短絡的思考に陥ることがよくあります。

「どうしてこんなに上手くいかないのだろう」と、ネガティブな思考が頭の中を支配し、永遠にチャンスは得られないと錯覚するようになります。人間は感情で動く生き物なので、その場の失敗を重大な出来事だと勘違いすることが多いのです。

しかし、それは錯覚だと思ってください。

あなたの人生はこれから何年も続きます。今の失敗よりも、後に得られるチャンスの方が多いのです。次回のチャンスをしっかりと活かし、損失以上の利益を上げれば問題はありません。

株式投資は止めてしまった段階で全てのチャンスが失われます。株式投資で儲け続けたいのであれば、気持ちを切り替えて悪い感情に左右されないように心がけてください。

終わったことを気にしないようになれば、気持ちを切り替えるのは容易です。


スポンサードリンク