精神面のケアを怠らない

LINEで送る
Pocket

株式投資で安定した結果を残したければ、精神面のケアを怠らないのが肝心になります。


株式市場は土日や祝日には開かれていないので、休みの日を利用して自分の精神状態を正常に保つのがお勧めです。メンタルが乱れてしまうと自分の方向性に自信を失ってしまったり、持ち株に対する信頼も失ってしまったり、自分自身の軸がブレてしまうことがよくあります。

精神面のケアを怠らなければ、正常な状態で株取引をすることができるようになります。株式投資というジャンルは精神の動きと結果が密接に関係する分野なので、自分の心を大切に扱うのが重要になります。

【精神面をケアする方法】

1,やりたくないことから最初に片付ける

自分にとって不都合な仕事が残っていると、その仕事ばかりに意識が集中してストレスが溜まってしまいます。やりたくないことから最初に片付けるようにすれば、ストレスの種を消すことができるのです。

仕事を溜め込んでしまうと心から休める時間が減ってしまうので、やりたくない仕事を後回しにする癖がある人は、生活習慣を変えた方が良いでしょう。普段の生活を変えれば、ストレスは大幅に軽減されます。自分のメンタルは日常の生活を見直すことによって大きく改善されるのです。

2,バランスの良い食事をとる

食生活を改善すれば、精神面を安定させることが可能になります。

食生活が乱れてしまうと株式投資も上手くいきません。中にはカップラーメンを主食としてデイトレードで稼いでいる人もいらっしゃいますが、健康が1番大切です。健康はお金で買うことができないので、日ごろの生活習慣を整えることから始めましょう。

健康と精神は密接に関わっており、正常な思考は健康から生まれるという意見も存在します。

健康という土台がなければ、株式投資で勝ちたいという意欲も湧きません。株式投資で長期的に勝ち続けるために健康は必須の条件となるので、バランスの良い食事をとるように心がけましょう。

3,休日は株式投資を忘れて遊ぶ

どんなこともメリハリが大切になります。1つの物事に対して集中的に取り組むのも良いのですが、心が疲れてしまったときは気分転換をするのがお勧めです。

持ち株の調子が良くなかったり、投資成績が芳しくなかったりすると、休日もストレスを溜め込んでしまいます。株式投資は幸せになるための手段なので、株式投資で不幸になることだけは避けなければいけません。

株式投資は付き合い方が重要で、毎日関わっていると嫌気が差すことも多いのです。結婚している人なら分かりやすいかもしれませんが、最愛の妻がいてもたまには1人で過ごしたいと思うこともあるでしょう。

株式投資も同じで、たまには株のことを忘れて思い切り遊んだ方が良いのです。新しいレジャーランドに行ったり、流行っているお店で美味しいものを食べたり、気分転換になることを積極的に行なえば株のストレスも軽減されます。

自分の力で精神面をコントロールできるようになれば、株式投資の勝率も高まります。

株と長く付き合っていきたい方は精神面のケアが重要になるので、上記の方法を参考にしてください。


スポンサードリンク