メンタルの強さは考え方の問題

LINEで送る
Pocket

株式投資ではメンタルの強さがとても重要になりますが、そもそもメンタルの強さというのはどういうものなのでしょうか? これは人によって意見が分かれますが、一番大きいのは自分の考え方です。

基本的にポジティブに物事を捉える人ほどメンタルが強いのです。それは株式投資に対する認識に関しても同じことが言えます。

株式投資を全否定する立場で株式投資を始めたとしても、良い結果を出すのは難しいのです。それは少し悪い結果が続いてしまっただけで思考がネガティブな方向に進むのが理由であり、逆境に打ち勝つ力を養うことができません。

つまり、メンタルを鍛えるためには考え方を変える必要があるのです。

人間の性格は変えられないと言われております。では、考え方は変えることができないのでしょうか?

その答えはNOです。

考え方はいくらでも変えることが可能です。


例え自分がネガティブな性格だとしても、株式投資は儲かると信じて取り組めば何度もチャンスが訪れます。正直なことを言ってしまうと、何度もチャンスが到来すればそのチャンスをつかんで結果を出す日はいつか必ず訪れます。

失敗したからと言ってそこで終わりにならないのが株式投資の良いところです。メンタルを強くしたいと思う方は考え方を変えた方が良いでしょう。

では、どのように考え方を変えた方が良いのでしょうか?

その答えはとてもシンプルです。自分は株式投資で儲けることができると、強く信じるだけで良いのです。それだけで考え方を変えることが可能です。信じる者は救われるという言葉がありますが、この言葉は一理あるのです。

株式投資は儲からないと考えていたら、いくらチャンスが訪れても行動する気になれません。ポジティブな考え方は自分の行動力を強めてくれる味方になるのです。


スポンサードリンク