人生で1番若い時期は、「今」

LINEで送る
Pocket

株式投資はできるだけ若いときに始めた方が良いです。

もちろん、日経平均株価が安くなった時期に株式投資を始める方法もありますが、「後でも良いや」と考えるのは絶対に止めてください。機会損失が発生します。

そもそも若いという基準は人によって異なります。



中には22歳という年齢で「もう年取ったなあ……」と愚痴っている人もいますが、そういう人は「今」という大切な時間を見つめていないのです。

人生で1番若い時期は今です。

30歳でも40歳でも関係はありません。今が1番若いのです。1度過ぎ去った時間を元に戻すことはできません。若い時期を有効に活用しなければ株式投資で儲けることもできないのです。

多くの人は過去の結果にこだわります。しかし、株式投資で勝ちたければ「今の時間」にこだわってください。

株式投資というジャンルは、時間をかける心構えがあれば簡単に儲けることができます。と言うのも、時間をかければかけるほど株式投資の勝率が高まるので、できるだけ若い時期に株式投資を始めた方が良いのです。

自分の寿命から逆算して考えて、「後何年生きられるか?」ということを意識しましょう。残された時間をどれだけ有効に使えるか意識しなければ、自分に合った戦略を採用することもできません。

【今が1番若いと思わないと儲けられない】

はっきり言いますが、年齢は関係ないのです。20代でも財産を築く人はいらっしゃいますし、40歳を過ぎても貯金がない人はたくさん存在します。

しかし、過去の結果を嘆いても仕方がありません。自分のことを「年取ったなあ」と思う人ほど過去にこだわっているのです。過去にこだわって未来を見ていないので、長期戦略を練ってお金儲けをすることができません。

これは少し精神論になりますが、「年を取った」と嘆くと本当に年を取ります。

過去を振り返ること自体が建設的な行為ではないため、昔のことばかり考えると建設的な思考が生まれません。儲ける人は常に未来を見続けています。人生で1番若い時期は今なので、成功する人は今という時間を有意義に活用して将来の収入を増やそうと考えます。これが儲けるためのマインドです。

株式投資も儲けるための基本は一緒です。今という時間を有意義に使用しなければ、明るい未来を築くことはできません。

株を買うのは将来の自分に「不労所得」をプレゼントしているのと同じです。

儲けられる人は「今」という1番若い時期を活用して、「未来に繋がる収入」を確保しようと努力しています。利益を出すためのシステムを作り出さなければお金持ちになれないのです。

今という時間はすぐに過ぎ去ってしまいます。「自分は年を取った」と嘆く前に、未来に繋がる行動を取りましょう。


スポンサードリンク