ネットイヤーグループ (3622)

LINEで送る
Pocket

・上場市場 東証マザーズ
・会社名  ネットイヤーグループ株式会社
(ねっといやーぐるーぷ 英称:Netyear Group Corporation)
・証券コード 3622
・業種     情報・通信業
・決算   3月
・設立年 1999年7月
・上場年 2008年3月

・1株価格1201円(12/15終値)、最低売買単位:100株、1単元価格:約12万100円

・予想PER62.89倍、実績PBR4.21倍、実績BPS284.02、予想配当利回り0.27%

管理人評価C

 

【会社紹介】

ネットイヤーグループは、インターネットを活用したマーケティング支援を行っている会社です。


出典 www.fcnoticias.com.br

「成功体験ほど最悪なものはない」と考えているネットイヤーグループは、成功を捨てて過去に留まらない姿勢を固めているのが長所です。インターネットの世界はとても発展が早いため、10年前の成功が今の成功に関係するのか考えなくてはいけません。

 

10年前の覇者は現在の敗者になり得ると考えているネットイヤーグループの考えは私も強く共感しており、市場を作り出すことを意識してビジネスを行っているのがネットイヤーグループの長所です。

 

デジタルメディア戦略を武器としているネットイヤーグループはソーシャルメディア開発やウェブサイトの設計、運用業務などを通じて利益を得る姿勢を整えています。

 

更にインターネット技術を利用した新規事業の企画なども行っており、経済的特性を発揮するビジネスモデルを通じて革新を遂げようとしているのが長所です。

 

サイト運営業務にも長けており、ブランドサイト、コーポレートサイト、キャンペーンサイトといった大規模なサイトの構築や運営経験に長けているのも良いです。

 

インターネット社会に対応し、インターネットを活用して売上を上げているネットイヤーグループは現代を代表するネット企業として評価することができます。

 

【総合的なデジタルマーケティングを行うネットイヤーグループ】

ネットイヤーグループはインターネット戦略策定能力に長けている会社です。

 

ソーシャルメディアマーケティングやメールマーケティングなどのサポートを行い、お客様企業から利益を得ているネットイヤーグループは「インターネット業界で頼りがいのある会社」として認知されています。

大手企業に対してインターネットのビジネス活用を支援する業務を行っているネットイヤーグループはウェブサイトのデザイン構築、コンテンツ作成業務などに取り組んで売上を上げています。

 

お客様企業の経営課題を的確に理解した上で最適な処置を施すのがネットイヤーグループの強みです。

今後もクライアントの要望に応え、自社ブランドの発展を遂げるために努力したいと望んでいます。

 

【ネットイヤーグループの財務分析】

ネットイヤーグループは売上高を伸ばし続けています。

2014年通期決算の売上高は53億5200万円、営業利益は1億8800万円、経常利益は1億9100万円で前年度より営業利益額が上昇しています。純利益は5900万円で前年度より低下しています。

 

来期は増収・増益が予測されています。

デジタルマーケティング支援が好調で、大型案件も受注している状態です。今後もナンバーワンブランドの構築を目指してサービスを改善する姿勢を保つ予定です。

 

財務状態はそこそこです。

自己資本比率は59.7%。有利子負債額は3億2700万円です。

 

【ネットイヤーグループ株に向いている投資スタイル】

ネットイヤーグループは成長株投資が適しています。

売上高、営業利益、経常利益が持続的成長を遂げているのはとても良く、数字で結果を出している部分を強く評価したいです。ただ、インターネット企業は株価が割高であることが多いのですが、ネットイヤーグループも同じく割高です。

 

予想配当利回りもとても低いので配当金狙いの投資には向いていません。

ネットイヤーグループは成長力を評価して積極的に売却益を狙っていきたい株になります。

 

成長・発展が期待できるインターネット業界に属しているのはとても良く、長期投資を通じて発展を見守りたい株になります。

(上記の情報は2014年12月16日に記載しました)


スポンサードリンク