株式投資はゲームと似た楽しさがある

LINEで送る
Pocket

株式投資は知的ゲームと似ています。


株式投資で儲けることも大切ですが、どうせなら株式投資を楽しんで欲しいと思います。どの業界でも同じことが言えますが、「自分の好きなものに取り組んだ方が成長が早い」という法則があります。

例えば仕事が楽しいとその人は24時間仕事をしても苦になりません。仕事を楽しむというのはある意味最強のスキルであり、楽しんで仕事に取り組んでいる人は成長率が高いのです。

株式投資も同じで、自分なりに楽しんで欲しいです。

こういうことを言うと、「含み損を抱えているのに楽しめるわけないだろ、ふざけるな」と言われることもあるのですが、失敗した過程も楽しんで欲しいというのが本心です。

私は含み損を抱えることを悪いと思っておらず、含み損を抱えたら配当金収入で含み損をカバーするなどして別の戦略を立てれば良いのです。ここに株式投資の面白さが隠されています。

【株式投資の面白さとは?】

私が株式投資を面白いと感じるのは、「自分の頭を使って考えることができる」という特性が強いからだと気づきました。

会社勤めをしている方やアルバイトの立場で働いている方は「自分で考えることよりも、上の圧力に負けない」ことを求められることが多いです。

例えばルーチンワークが常になっている仕事は考えることではなく耐えることが望まれます。工場のライン作業や警備員の仕事などは「同じ業務をやり続けることが大切」という特徴があります。

それはそれで良いのですが、頭を使って稼ぎたい人は株式投資の楽しさに気づきやすいという傾向があります。

自分の理論を駆使して投資銘柄を選定し、株と相性が良い戦略を当てはめる。この過程が物凄く面白いのです。成功しても失敗しても「自分で考えて行動し、それ相応の結果が出る」というシビアな世界を味わうことができるのでゲームと似た楽しさがあります。

株式投資は将棋やサッカーと似ています。

将棋やサッカーで勝ち続けるために重要となるのが「自分の頭で考える行為」です。特に将棋は戦術研究を通じて勝率を高めていく必要があるので、多くの人から優れた知的ゲームとして親しまれています。

株式投資も同じです。

株式投資も独自に戦略・戦術を研究し、相場の流れを加味した上で効率的に儲ける戦略を当てはめる必要があります。私は株の特性に合った戦略を採用することを得意としていますが、ここに株式投資の面白さの真意が隠されています。

自分の採用した戦略が功を制し、多大な利益を出したときは物凄い快感を覚えます。

「勝負に勝った!」という充実感を味わうことができますし、リアルのお金を運用しているので真剣度も段違いです。「自分の選択した戦略で結果を出すのが楽しい」という理由があるから、私は株式投資を長く続けることができるのです。

「楽しさなんかどうでも良いから、とにかく儲けたい」という考え方は否定しません。

しかし、上記の考え方は非常に勿体無いと感じます。いくら儲けることができても株式投資を楽しめないと、株式投資を続けること自体がストレスになってしまうので本末転倒だと感じるからです。

シミュレーションゲームと株式投資

上記の記事でも紹介していますが、「シミュレーションゲームが好きな人」は株式投資と相性が良いです。特に戦略ゲームが好きな人は「自分で考えて意思決定ができる」という特徴があるため、株式投資が向いています。

株式投資の面白さは「頭を使うこと」であり、自分の思考が結果に反映される株式投資は非常にやりがいがあります。逆に言えば「頭を使うのが億劫」だと考えている人は株式投資に向いていません。

しかし、頭を使うのが嫌いな人でも「安定株に投資して放置すれば儲けられる」という救済措置がある株式投資は本当に素晴らしいと思います。

私が株式投資を楽しんでいるのは「ゲーム以上の興奮を味わえる」からでしょう。

自分の大切なお金を運用しているのですから、普通のゲームと比較して興奮感は段違いです。興奮感が強ければ強いほど本気になって取り組むことができますし、「知的作業を通じてお金を稼げる」という株式投資の特徴が自分に合っているのです。

株式投資を楽しめる方の大半は考えることが好きな人です。

考えるという行為は非常に楽しいので、株式投資を楽しみたければ「自分で考える」ことをおろそかにしないでください。

考える力を養えば株式投資のパフォーマンスも向上するので一石二鳥です。


スポンサードリンク