親に株式投資を理解してもらう方法

LINEで送る
Pocket

未成年の方が株式投資を始めるには、親の承諾が必要になります。

しかし、大抵の親は株式投資に対して良いイメージを抱いていません。特にバブル崩壊を目の当たりにしている親は「株式投資=危険」というイメージが存在しているので、普通に説得しても株式投資を理解してもらうのは難しいのです。

では、どうしたら親に株式投資を理解してもらうことができるのでしょうか?

1,株式投資の重要さを語る

人を説得するときは真正面から物事を語るのではなく、様々な観点から物事を分析して語った方が良いのです。親に株式投資を理解してもらいたいと思う場合、例え話を出して株に対する理解を得るのが重要になります。

株はあなたのために働く小人

上の記事は株式投資を始めるメリットを解説した記事です。このように分かりやすい例え話を出して、株式投資の良さを理解してもらえば株を買うメリットが理解できるようになるのです。


重要なのは相手に理解してもらうことであり、批判することではありません。多くの方は株式投資に対して悪いイメージを抱いているため、まずは悪いイメージを払拭するための例え話を出さなければいけないのです。

また、株式投資は資産運用に役立つという意見を出して説得するのもお勧めです。多くの方は若いうちから資産を形成しようと考えていないので、なぜ若い年齢で株を購入した方が良いのか理論的に説明するのも良いでしょう。

ただ、面白い話を出した方が理解してもらいやすいので、時々ユーモア溢れる見解を語るのがお勧めです。

2,プレゼント作戦

株式投資を理解してもらいたいのであれば、実際に株式投資を通じて「良い気持ちになってもらう」ことが重要になります。株を持っているとこんなメリットがあるのか!と、親に理解してもらうことが大切になるのです。

例えば、株式投資で得た利益を親にプレゼントするのは効果的です。

「これは、私の保有している株が支払ってくれた配当金だよ」と、実際にお金をプレゼントすれば大抵の親は喜びます。株式投資の話題も振りやすくなるので、まずは親を良い気持ちにさせることを心がけましょう。

また、株によっては株主優待というプレゼントを貰えることがあるのです。そのため、親が喜びそうな株を買い、株主優待が実際に家に届くところを見せてあげるのは大変効果的です。

例えば専業主婦の方はお米やトイレットペーパーの詰め合わせなど、実用的な株主優待を好む傾向があります。

株主優待を親にプレゼントするのは、「株を持っていればお米がタダで貰えてお得なんだよ」と、アピールするのに最適な方法になります。論より証拠という言葉がありますが、この言葉を実践するだけで良いのです。株主優待をプレゼントすれば大抵の親は株式投資に対して理解を示すようになります。

親が缶コーヒーが好きな場合、コカ・コーラウエストの株を買って缶コーヒーの詰め合わせをプレゼントするのが良いでしょう。ここで注目したいのは、相手の喜ぶ物をプレゼントするということです。

いくら株主優待がお得でも、自分にとっていらない物をプレゼントされても相手は喜びません。1番重要なのは相手を喜ばせることです。親を喜ばせるためにどういうプレゼントが効果的なのか考えてみましょう。

プレゼントとして無難なのは使い勝手の良い株主優待券です。クオカードは使用頻度の高い株主優待の1つであり、クオカードをプレゼントされたら大抵の親は喜びます。

また、親が読書好きであれば図書カードをプレゼントするのもお勧めです。このように、相手の喜ぶ物を選んでプレゼントすれば株式投資に対して良いイメージを抱くようになります。

「株式投資=危険」という悪いイメージから、

「株式投資=タダで物が貰える」という良いイメージに変化するのです。

親の理解を得るようになれば、株式投資もやりやすくなります。親を説得するのが難しいことで悩んでいる方は、プレゼント作戦を実行して自分の親を良い気分にさせましょう。


スポンサードリンク