100円は小銭か大金か

LINEで送る
Pocket

昔、私が中学生のときに「道徳」という授業が存在し、100円は大金か小銭かという授業がありました。


そのときに私の担当の教師が「100円が大金だと思う人は手を上げて」と言い、ほとんどのクラスメイトが「100円は大金」だと意思を示したのです。

 

私は100円は小銭だと考えていたため、「100円が小銭だと思う人は手を上げて」と教師が言ったときに手を上げたのですが、私以外誰1人として100円は小銭だと認識していないようでした。

 

嘘つくなよ(笑)

 

100円が大金?

 

その意見が本当に真実だとしたら、なぜ100円を大金だと認識しているのにゲームセンターで100円を使いまくったり頻繁にジュースを買ったりするのかという疑問が浮かぶわけです。

 

道徳の授業は基本的に「綺麗事」で占められているので、100円は大金だと主張した方が自分の評価も上がることは理解できます。

 

しかし、日本で100円が大金だと本当に思っている人は本当に極小数だろ。

 

本気で100円が大金ならゲームセンターでお金を使う人なんてほとんどいないですから。

 

私は100円を小銭だと思っていますが、100円を軽視しているわけではありません。

 

100円には100円相当の価値が存在し、100円で買える物の役割があるのです。一般的に見てどう考えても100円は大金ではありません。

特に日本で生活する以上、1日100円で過ごすのは実質的に不可能に近く、そんな状況の中「100円が大金だと思っている人が大多数を占めている」というのは明らかに嘘をついているとしか思えなかったのです。

 

で、一般的に教師というものは自分が正しいと考える思想を教えたがるものですから、「100円は小銭だと意思表明した私」に対して以下のことを述べたのです。

 

「障害者が作業するときは時給が100円以下というのも珍しくない。障害者の人からすれば100円は大金だから、100円を軽視してはいけない」

 

 

いや、俺は障害者じゃないから(笑)

 

この意見に関しては昔から納得していなかったのですが、今も納得していません。なぜなら「障害者の賃金は時給100円以下のケースもあるから、100円は大金だ」という理論が滅茶苦茶だからです。

 

それを言ってしまったら1ドル以下で生活している人は全て100円を大金だと思うでしょう。その理屈は理解できます。

 

 

でも、ここは日本で、俺は日本で生活する日本人だぜ?

 

普通に働いている人が100円を本気で大金だと感じているケースは本当に多いのでしょうか。もし多いとするのならば、100円を簡単に使うことはないはずです。

一般的に大金を使用するときは熟慮を重ねて「本当にこのお金を使って良いものか?」と考えるのが普通ですが、100円を使用するのにそこまで考えている日本人の方が少ないだろ!!

 

私は教師の大半は偽善者だと思っており、一部非常に優秀な教師も存在しますが、「100円は大金」という滅茶苦茶な価値観を押し付ける教師が本当に好きじゃないんですね。

 

大体「100円は大金」だと思っている教師も、実際問題100円なんか軽視しているはずですよ。

本当に100円が大金だと考えているのであれば飲み会なんか行かないし、無駄な消費行動に手を染めないでしょう。だって100円は大金なんだから。

 

100円を大切にしよう、という意見なら分かる。

 

でも、100円が大金というのは明らかに行き過ぎでしょう!

 

今の日本のどこに「100円は大金だ! 慎重に使わなければいけない!」と考えている日本人がいるでしょうか。

 

よほど金銭的困窮を味わっている人なら別ですが、一般人が100円を大金だと本気で考えている例なんてありえないですよ。本当に大金だと思っているならくだらないことにお金を使うわけがないですよ。

 

ほんと、この世って偽善者が多いよなぁ……。

 

「100円は小銭か大金か?」と問われれば、「100円は大金です!」と言った方がウケが良いのは理解できます。しかし、全体的に考えて100円を本気で大金だと考え、100円を使うときも本当に後悔しないか?と思慮する人は圧倒的に少ないはずです。

 

「障害者の時給は100円以下の場合も多いから、100円は大金だ!」という理論も滅茶苦茶過ぎますよ。だったらお前は100円で生活してみろと。どれだけ100円がこの日本で生きていくのに大したことがないか知ることができますから。

 

海外に目を向ければ100円以下で生活している人も多々いらっしゃるため、その人達にとって100円が大金という理論は理解できます。

 

だけど、ここは日本だぜ?

 

日本の物価、賃金を考慮した上で「100円は大金だ!」というのは絶対にありえない。大半の物は100円では買えず、100円で満たされる購買欲や欲求もたかが知れているため、現実的に考えたらどう判断しても100円は小銭です。

 

本気で100円を大金だと思っているなら、それはそれで良いよ。

 

だけど、私がムカついたのは普段浪費活動に手を染めて100円を蔑ろにしている人間が、「100円は大金だ!」とドヤ顔で言っていることです。

 

人間は綺麗事が好きですよねぇ。

 

日本において100円が大金という理論は、綺麗事でしかないですよ。大多数の一般人は100円を小銭だと考えているのですから。

 

この日本で、健常者で普通に働いている人の立場で、本気で100円は大金だと考え、100円を使用するときに熟慮する人間がどれほどいるんですかねぇ。

 

恐らく、ほとんどいないと思うのですが……。

 

実体論を考慮せず、特殊な例を持ちだして「100円は大金だ」と言っちゃう人間の方がどうかしていると思いました。まあ、表面上の綺麗事だけを述べる「道徳の授業」なんてそんなものですよね。

 

実にくだらない。


スポンサードリンク