お金持ちになりたいという願望も資産になる

LINEで送る
Pocket

結局お金持ちになりたければ、「お金持ちになりたい!」という願望を抱くしかないのです。


これは精神論でも何でもなく、お金持ちになりたいと思わない人は株式投資に興味を持ちません。お金に興味がない人は「お金を稼ぐ意欲も低い」ということになるので、株式投資について積極的に勉強する気にならないのです。

それを考えると、お金持ちになりたいと望むのは立派な資産であることが分かります。「お金持ちになるためにはどうしたら良いのか?」ということを考えたければ、お金持ちになりたいという願望を抱かないといけないからです。

願望を思考に変え、思考を行動に転換すればお金持ちになることは可能です。

あなたは株式投資で儲けたくて当サイトを閲覧していると思います。そのことは非常に素晴らしいので、自分のことを誇ってください。お金が欲しいという願望がなければ、株式投資.jpを利用して儲けるための術を学ぼうとしないからです。

つまり、お金持ちになりたいという願望は勉強意欲を向上させるのに役立ちます。意欲が高いほど儲けやすいのが資本主義社会の常になりますが、この原則は株式投資でも当てはまります。

株式投資で儲けたければ「正しい投資手法」を学ぶ必要があります。この正しい投資手法さえ会得すれば後はほったらかしで利益を出すことができますが、手法を得たければ自ら勉強しなければいけません。

この勉強意欲は「お金持ちになりたい」という願望から発生するのです。この願望は立派な資産となるので、いつまでも大切にしてください。

逆にお金持ちになりたいという願望が薄れてしまうと株式投資もどうでもよくなります。現状で満足している証拠になるため、株について勉強するモチベーションが上がらないのです。株式投資で成功を収めたければ願望を抱き続けるというのが非常に重要となるのです。

「大して儲からなくても良い、副収入程度に稼げれば良い」と考えている方もいらっしゃいますが、この考え方でも大丈夫です。1番重要なのは「株式投資の正しいやり方」を身につけることで、基本さえマスターすれば儲け続けることは可能です。

しかし、お金を得たいという願望がなければ株式投資を始めるというスタートラインに立つことすらできないので、願望は立派な資産になるのです。願望は資産を築くための資産と考えれば分かりやすいでしょう。

また、願望が強い人は株式投資で得た利益を積極的に再投資することができるので、更にお金を稼ぐことができます。自分の願望を否定せず、願望をエネルギーに変えて株式投資で儲けていきましょう。


スポンサードリンク