怠け者ほど儲けやすい

LINEで送る
Pocket

意外なようでありますが、株式投資は怠け者の人ほど儲けやすいのです!

怠け者と言うと、怠惰で自堕落で良いイメージを抱いている方は少ないのですが、株式投資に限って言えば怠け者の人は長期投資の素質があると言えるのです。

なぜ、怠け者の人は株式投資の素質があるのでしょうか?

1,株価の推移を気にしない

一般の方は株価を過度に気にしすぎる傾向があります。株価を毎日チェックしている人ほど、株式投資で負けやすいという意見もあるほどです。こまめに情報収集するのは大変良いことですが、気楽な気持ちで株式投資に取り組んだほうが儲けやすいという側面もあるのです。

怠け者の人は株価の値動きを気にしません。株価を見るのも面倒だと感じる方は本当に素質がある人です。

長期投資で重要なのは株を買った後に値上がりするまでじっくりと待つことです。

怠け者の人は知らず知らずのうちに株価の値上がりを待つことができるので、大きく儲ける素質があるのです。


2,無駄な手数料がかからない

株取引をするときは取引手数料を証券会社に支払う必要があります。

そのため、株価の動向を気にしすぎてすぐに株を売ったり買ったりする人は、その分多くの取引手数料を支払う必要があるのです。

しかし、怠け者の方は取引するのも面倒なので、無駄な手数料がかかりません! 時々自分の持ち株をチェックして、自分の持ち株が大きく値上がりしているときに売ればいいので無駄にお金がかからないのが長所です。

3,長期投資で重要な素質が備わっている!

ウォーレン・バフェットは言いました。

「郵送が3週間遅れてくる田舎に住んでいる方が、優れた実績を残せるかもしれない」

これはどういう意味なのでしょうか? この言葉の意味は、情報を仕入れすぎる現代の投資家に向けたメッセージだと言えるのです。

長期投資で重要なのは、将来性の高い株を買ったらよほどのことがない限り手放さないということです。しかし、情報を集めすぎる人は日々のニュースや悪材料に対してヤキモキしてしまいます。

そして株を保有し続けるのが怖くなって、将来性の高い企業の株を売却してしまいます。これは非常にもったいない行為です。

しかし、怠け者の人は毎日株価に関する情報を仕入れないので、悪材料が流れたとしても気にしません。いずれ値上がりするから良いや、という軽い気持ちで株式投資に取り組むことができるので、長期投資で儲けやすいのです。


このように、世間的に怠け者はダメだという風潮が広がっていますが、怠け者という性質を活かすと意外と株式投資で儲けやすいことに気づきます。


スポンサードリンク